キャッシングの不正利用と体験談!被害にあった時の対処法

キャッシンは便利なサービスですが、不正利用に注意しなければなりません。
カード1枚で何十万円も、場合によっては100万円以上も借りられるため不正利用の被害に遭ってしまうと被害は深刻です。

使った覚えのない高額な請求が来て不正利用されたことに気づく例も少なくありません。
では、どんな不正利用があるのか、不正利用された場合にはどうすればいいのか解説していきます。

キャッシングの不正利用とは?具体例

キャッシング、具体的にはどのような例があるのでしょうか。
まずは不正利用の具体例をいくつか挙げてみました。

スキミング

スキミングとは、カードの情報を抜き取ることです。
抜き取った情報を元にして、本物のカードと全く同じ情報が記録された偽物のカードを作られてしまいます。

その偽物のカードは、ATMなどの機械に入れれば本物のカードと同じようにして使えてしまうのです。
犯人がスキミングで作った偽物のカードを使って現金を引き出すことで、あなた名義での借入ができてしまいます。

スキミングは主に、店舗で決済しようとしたときに行われることが多いです。
貸金業者が発行するキャッシングカードは、通常店員などに手渡すことがないため、スキミングの被害はそう多くありません。

しかし、最近ではSMBCモビットなど、キャッシング機能だけでなくショッピング枠付きのカードを発行している貸金業者もあります。

ショッピングで使う際には、店員にカードを手渡してから返されるまで、不審な動きがないかどうかよく見ておきましょう。

国内店舗ではスキミングの被害はあまりありませんが、海外で利用する際に被害に遭うケースが多いです。

カードそのものを盗まれる

キャッシングカードそのものが盗まれ、それをATMで使われてしまうケースも見られます。

キャッシングを利用している人の中には、財布の中にキャッシングカードを入れている人も多いでしょう。

その場合には、財布ごと盗難に遭うとキャッシングカードを不正利用されてしまうリスクが高まります。
また暗証番号が分からないと、キャッシングカードがあっても現金を引き出すことはできません。

しかし財布ごと盗まれた場合には、財布の中にあるものから、暗証番号を類推されてしまうケースも多いです。

パソコンやスマホから情報を抜き取る手法

一昔前までは、キャッシングと言えばカードでATMから現金を借りるやり方が主流でした。

しかし、最近ではパソコンやスマホを使って振込キャッシングの方法で借りる利用者も増えています。
その際には、キャッシング業者の公式サイトでIDやパスワードを入力してログインしなければなりません。

振込依頼をする際には暗証番号なども必要になるため、安心だと思われがちです。
しかし、パソコンやスマホがマルウェアに感染すると、入力した情報が盗み取られてしまうこともあります。

その盗み取られた情報で不正利用されてしまうケースが多いです。
他にもメールなどで、本物そっくりに見えるフィッシングサイトに誘導して盗み取る手法も確認されています。

また、ショッピング枠が付いている場合には、通販サイトで使うこともあるでしょう。
自分で気を付けていても、通販サイトに登録されているデータが流出して被害に遭うケースもあります。

キャッシング業者を装って暗証番号などを聞き出す手法

電話や封書、メールなどで利用中のキャッシング業者を騙って、ログインIDや暗証番号などを聞き出す手法も確認されています。

キャッシングカードだけでなく、銀行口座のキャッシュカードなどでも被害が多いです。
そして聞き出した情報を元に、不正ログインされて勝手に借入されてしまいます。

貸金業者や銀行を含め、金融機関の従業員が自社の利用者に対して暗証番号などを尋ねることはありません。

不正利用の疑いがあるので暗証番号を確認したい」のようなことを言ってくる場合もあるため、騙されないように注意しましょう。

不正利用の被害に遭ってしまった場合の対処法

キャッシングの不正利用の被害に遭った場合には、すぐには気が付かないことが多いです。

たいていの人は、身に覚えがない請求が来て初めて被害に遭ったことを認識します。

もし、自分が被害に遭ってしまった場合にどうすればいいのか見ていきましょう。

一番に、キャッシング業者に連絡する

被害に遭ったことが分かった時点で、なるべく早くキャッシング業者に連絡しましょう。

既に被害が確認されているということは、今後も同じように不正利用されてしまう可能性が高いです。

キャッシング業者に不正利用のことを伝えておけば、キャッシングカードを停止してもらえます。
ログインIDなども変更してもらえるので、連絡を入れた後のことに関しては、重ねて被害を受ける心配はなくなります。

警察に被害届を出す

キャッシングカードの不正利用は立派な犯罪です。
そのため、被害を受けたら警察に被害届を提出しておきましょう。

その際には利用明細などを用意し、具体的にいつどこでいくら不正利用されたのか説明する必要があります。

ATMが設置してある場所には、通常防犯カメラが付いているため、不正利用の場所と日時から犯人を特定できることも多いです。

ショッピング枠付きのカードの場合にはレジで提示して使用しますが、レジの付近にも防犯カメラはたいていのお店で設置されています。

また、キャッシングカードの不正利用をする犯人は、他でも同じような犯行を繰り返している可能性が高いです。

自分が提出した証拠だけでは犯人が見つからなくても、他の被害者が提出した証拠と合わせて犯人特定に繋がることもあります。

念のため家族が勝手に使っていないかどうか確認

キャッシングカードの不正利用が疑われた例で、後になってから不正利用ではなかったことが判明する例も見られます。
特に多いのは家族が勝手に使っていたという例です。

キャッシング業者に連絡してカードを止めてもらったり警察に被害届を出したりした後で分かると、お騒がせしてしまうことになります。

そのため、まずは家族に勝手にキャッシングカードを使っていないかどうか聞いて確認しておきましょう。
特にショッピング枠が付いているカードだと、通常のクレジットカードと同じようにして、ネット通販でも使えます。

キャッシングで使わなくても、ネット通販だとつい使ってしまうこともあるかもしれません。

補償の対象になる場合とならない場合がある

キャッシングカードの不正利用に関しては、各キャッシング業者で補償を行っています。
補償される場合は返済不要です。

ただし、全ての不正利用が補償の対象になるわけではありません。
補償対象になる事案はあらかじめ決められています。

スキミングに関しては補償対象にしているキャッシング業者が多いです。
クレジットカードに関してもほとんどのカード会社で補償対象になります。

また、カードそのものを盗まれてしまった場合には盗難保険が適用されます。
スキミングもこの盗難保険の適用対象の1つです。

財布ごと盗まれてしまった場合や、スリにあった場合、自宅に空き巣に入られた場合など、故意や重大な過失がなければほとんど補償対象になります。

フィッシングサイトに引っかかった場合や、通販サイトに保存されているデータが流出した場合も盗難に遭ったのと同じ扱いです。

被害に遭ったときに補償の対象になるかどうかは、キャッシング業者の方で連絡を受けてから調査を行い決定します。
業者によって調査期間は異なりますが、お金を借りるときと違って、すぐにというわけにはいきません。

大抵1ヶ月程度はかかりますが、事案によっては3ヶ月程度かかる例も少なくありません。
正しく暗証番号が入力され、不自然なことがなにもなく引き出された場合には、補償の対象にならない可能性が高いです。

また、不正利用が判明してからキャッシング業者に連絡するまで期間が空いてしまった場合にも補償対象外になる可能性があります。

不正利用されないための対策

不正利用されてしまうと、たとえ補償対象になってもかなり面倒なことになってしまいます。

補償対象にならない不正利用の場合には、借りてもいないお金を返済しなければなりません。

そのため不正利用防止の対策を講じておく必要があります。

カードや暗証番号の管理を徹底

キャッシングカードを不正利用されてしまう人は、カードや暗証番号の管理がいい加減であるケースが多いです。
そのため、キャッシングカードはどこにあるのか常に把握しておきましょう。

使う予定がないときには、財布に保管して持ち歩くよりは、自宅に保管しておく方が安全かもしれません。
また、暗証番号は生年月日などから類推されにくいものに設定しましょう。

暗証番号が書いてあるメモをカードと一緒に保管しておくのもいけません。

カードとメモを一緒にして財布に入れておくと、財布を落としたり盗まれたりした場合に、不正利用される可能性が高まります。

パソコンやスマホのセキュリティを万全に

パソコンやスマホには、きちんとセキュリティソフトをインストールしておきましょう。
セキュリティソフトがあれば、必ずではありませんが、マルウェアやフィッシングサイトに対して警告を示してくれることが多いです。

そして、専用のアプリを使ってログインする場合には、常に最新の状態にアップデートしておきましょう。
古いバージョンだとマルウェアに感性する場合でも、最新のバージョンなら感染せずに済むケースも多いです。

また、マルウェアなどは怪しいサイトにアクセスしたときに感染しやすくなります。
怪しいファイルに仕込まれていることも少なくありません。

そのため、キャッシングカードの暗証番号やIDやなどを入力して使うスマホやパソコンで、怪しいサイトにアクセスするのはできるだけ避けましょう。

当サイト管理人もやられた!カード不正利用の体験談

当サイト管理人もやられた!カード不正利用の体験談 実は、この記事を書いている当サイト管理人である私も、過去にカードの不正利用をされたことがあります。
私の場合は、携帯電話を通じてのクレジットカードの不正利用でした。

私のメールアドレス宛に毎月クレジットカードの利用額の明細が届くのですが、ある月の請求で「こんなに使ったっけな?」と不審に思う月がありました。

明細を見てみると、行った覚えもないのに海外のお金に両替され、航空券を買った履歴が!!!!

それだけでも請求額は約10万円もに及び、慌ててカード会社に連絡を入れました。

本当に身に覚えがない請求だということを説明し、厳重に本人確認を取り、担当の人からはこの請求内容に関して調査をすると言われました。
そしてカードをすぐに止め、新しいカードを作る手続きを行いました。

電話が繋がりにくいのが難点でしたが、担当の人が非常に良い方で、丁寧にゆっくりと対応してくれたのでパニクっていた私も落ち着くことが出来ました。

調査の結果、その身に覚えのない請求は明らかに私が使ったものではないという事が判明し、その分の請求額は無事に差し引かれて正規の金額での請求書を作り直してもらう事が出来ました。

そしてその調査で分かった事ですが、実は以前に自身のスマホを使い、海外のスマホアプリをダウンロードしたところ、そのアプリが非常に悪質で毎月勝手に登録請求が来るものでした。

その悪質アプリの件も、無事に解決していたのですがもしかしたらその際に、クレジットカードの情報を抜き取られてしまった可能性があるとの事でした。

あくまで可能性とのことだったので、他にも原因があるかもしれないとのことでした。
最近では、海外の悪質なスマホアプリや、SNSアカウントの乗っ取りによる悪質な広告動画、大手企業の名前を使った架空請求・会員登録・ログイン情報を盗もうとする悪質メールなどからも、クレジットカード情報を抜き取ろうとする手口があるようです。

私もそのようなメールなどに何度か出会った記憶があったので、もしかしたらどこかで騙されて入力してしまった可能性もあるかもしれません。

今回は無事に解決することが出来ましたが、初めてこのような不正利用をされたのでゾッとしました。

今回、すごく学んだことは

・カードの明細は毎月、必ず詳細を確認すること
・身に覚えのない請求があった場合は、すぐカード会社に連絡し、カードを止め新しく作成し直すこと
・海外のアプリはダウンロードしないこと

でした。
担当の人が非常に丁寧な対応をしてくれる方で、本当に良かったです。

キャッシングカードの不正利用は自分で気づき、対応する早さも大切!まとめ

キャッシングを利用する際には、すぐに借りられるかどうかや返済計画のことに加えて、不正利用防止のことについても考えなければなりません。

スキミングやカードそのものを盗まれる被害から、カード情報の漏洩までさまざまな被害が報告されています。

補償対象になるケースも多いですが、面倒な目に遭ってしまうため、できるだけ不正利用防止の対策を講じておきましょう。

そして暗証番号は、他人から推測されにくいものに設定することが大切です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事