「学生だけど、お金を借りることってできるの?」   このような疑問にお答えしていきます。   学生時代はたくさん時間がある反面、ゼミやサークル、また学費などでお金が足りなくなることもありますよね。   急な怪我や旅行など、やむを得ない出費も多いはず。なかなか親や友達からお金を借りるのは、気が引けますよね。   そんな方におすすめなのが、カードローンです。   結論いいますと、学生の方でも十分にお金を借りることができます!   この記事を見れば、学生向けのおすすめカードローンから借り方まで、バッチリ理解することができますよ。

【厳選3選】学生がお金を借りる方法

学生_キャッシング_お金借りる もちろん、全てのカードローン会社で学生がお金を借りれるとは限りません。   学生がお金を借りられるローンは、以下の3つです。  
学生がお金を借りる方法
  • 学生ローン
  • 銀行カードローン
  • 消費者金融系カードローン
  それぞれ見ていきましょう!

学生ローン

学生ローンの特徴
  • 学生でも審査に通りやすい
  • 融資が早い
  • 金利がかなり高い
  大学生がお金を借りる手段としてまず挙げられるのが「学生ローン」です。   その名の通り、学生に融資(お金を貸す)することを前提とされていますが、まとまった金額を借りることができません。   借りることができても10万円前後が上限となっており、少額融資のみ受けることができます。   また学生ローンは、他の「銀行カードローン」や「消費者金融カードローン」と比較すると、金利が割高になっています。

銀行カードローン

銀行カードローンの特徴
  • 金利が低い
  • 審査が厳しめ
  • 融資までに時間がかかる
  銀行カードローンは、その名の通り大手の銀行が展開しているカードローンになります!   テレビCMなどでも『○○銀行カードローン』などで紹介されているので、聞いたことのある方も多いでしょう。   銀行カードローンの大きなメリットとしては、やはり金利の低さが挙げられます。   「学生ローン」や「消費者金融カードローン」よりも数%、金利が低く設定されています。   ただし、他のカードローンよりも審査は厳しめとなっています。   業者にもよりますが、学生の方だと審査に通るのが難しい銀行カードローンも存在しているので、注意が必要です。

消費者金融カードローン

消費者金融カードローンの特徴
  • 学生ローン
  • 銀行カードローン
  • 消費者金融系カードローン
  近年注目を集めているのが、消費者金融系カードローンです。   ただ「消費者金融」と聞くと、悪いイメージを持たれる方も少なくはないでしょう。   確かに一昔前までは「サラ金(サラリーマン金融)」と呼ばれ、今よりも悪いイメージを持たれていたのは事実。   しかし現在では法改正があり、利用者を守るために3つの法律が改正され、利用するハードルが下がり、かつ安全性が担保されるようになりました。   また一部の消費者金融が、大手銀行の参加になるなど、今までの恐ろしいようなイメージはほとんどありません。   学生が利用するにはありがたい、以下のようなメリットも存在しています!  
学生が消費者金融を利用するメリット
  • 学生ローンよりも大きな金額を借りれる可能性
  • お金を借りていることが親バレしない可能性
  パートやアルバイトをしている方であれば、学生ローンよりもまとまった金額を借りることができます。   またローン契約書類が自宅に一切届かず、「WEB完結」で申し込みを行うことができるので、親にバレる心配がほとんどありません!

【結論】学生がお金を借りるなら「消費者金融カードローン」がおすすめ

学生_消費者金融_カードローン 学生がお金を借りる方法はたくさんありますが、中でもやはり「消費者金融カードローン」がおすすめです。   消費者金融がおすすめな理由を、1つ1つ見ていきましょう!

学生でも申し込みできる

学生の方の場合、収入が少ない方が多く、そもそも申し込みできるのか心配になるケースも多いでしょう。   現に銀行カードローンなどの場合は、安定した収入がないと申し込みすらできない場合も存在しています。   それに対して消費者金融カードローンであれば、パートやアルバイトの場合でも「定期的な収入」とみなされ、申し込みを行うことができます!   また50万円以下の「少額借り入れ」の場合は、収入証明書も必要ないケースも多く存在しています。

学生でも審査に通りやすい

仮にカードローンに申し込みができた場合でも、学生の方は審査を通過するのが難しいです。   特に銀行カードローンなどの場合、金利が低いぶん審査を通過するのが難しく、学生だと審査落ちしてしまうケースもしばしば。   一方消費者金融の場合、収入金額は事前に申告する必要があるものの、学生でも比較的に審査に通りやすい傾向があります。   大手消費者金融ですと「プロミス」「アイフル」「アコム」などが挙げられますが、どこかでCMや広告を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。   大手消費者金融は「新規申し込み」にも力を注いでおり、そういった意味でも審査を通過できる可能性が高いのです!

無利息期間がある場合が多い

消費者金融カードローンには「無利息期間」がある場合が多いです。  
無利息期間とは
借り入れ額全額に対する利息が、30日間発生しない制度のこと。
無利息期間を活用すれば、最大30日にもわたって利息を「0円」にすることができます。   かしこく無利息期間を使えば、「利息0円」でお金を借りれる可能性もあるのです!   この無利息期間は、「銀行カードローン」や「学生ローン」ではほとんど設定されておらず、消費者金融カードローンの特権となっています!

スマホ1つで申し込みできる

消費者金融カードローンの申し込みは、とってもカンタンに行うことができます。   主に以下に該当する方の場合は、消費者金融がおすすめです。  
消費者金融がおすすめな人の例
  • 窓口で手続きをするのが面倒くさい
  • 書類にいちいち必要事項を記入するのが面倒くさい
  • お金を借りていることをバレたくない
  消費者金融カードローンなら「WEB完結」で申し込みを行うことができます。   他のカードローンのように「窓口」や「書類」を使用しての手続きをすることなく、カンタンに申し込みを行うことができます。   特に書類申し込みの場合は、書類が自宅に郵送されてくることによって「親バレ」してしまう可能性が高くなってしまいます。   アプリで申し込み・返済ができたりなど、忙しい学生の方にはぴったりのカードローンです!

カードローン(消費者金融)への申し込み方法

カードローン_申し込み方法 最近のカードローンは、ほとんどが「無担保」「保証人不要」で申し込むことができます。   ですので、入手に手間がかかる書類の準備などは必要なく、サクッとかんたんに申し込むことができます。   消費者金融への申し込み方法としては、主に以下の5種類のパターンが挙げられます。  
カードローンへの申し込み方法
  • WEB
  • スマホアプリ
  • 電話
  • 無人店舗
  • 店頭窓口
  上記の通り、様々な方法で借り入れを行うことができます。   その中でも、最も主流な申し込み方法である「スマホアプリ申し込み」と「店頭窓口申し込み」の2つに関して、手順を詳しく見ていきましょう!

申し込み方法① スマホアプリ

消費者金融のウェブサイト、またはアプリで申し込むことができます。   現在では、インターネット経由で申し込む形が主流となっています。   手順は以下の通りです。  
スマホアプリでの申し込み手順
  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約手続き
  4. 借り入れ
  WEBでの申し込みであれば、店頭窓口に行く必要もなく、スマホがあればいつでもどこでも申し込むことができます。   本人確認書類に関しては、カメラで撮影したデータをネットにアップロードするだけなので、かんたんに完了することができます!   また実際に借り入れを行う際は、「カードあり」と「カードレス」のいずれかの方法で、借り入れを行う必要があります。   カードレスであれば、WEBアプリからいつでも取引を行うことができます。   一方でカードありの場合は「郵送」と「来店」の2つのいずれかの方法でカードを受け取ることができます。   カードありの場合、カードが自宅に郵送されてしまう可能性がありますので、他の人にキャッシングがバレたくない方は十分に注意しましょう。

申し込み方法② 無人店舗(無人契約機)

無人契約機であれば、直接担当者と顔合わせをすることなく契約を進めることができます。   例えば、大手消費者金融の「アコム」などでは、「むじんくん」と呼ばれる自動契約機があります。   店舗の中に入り、備え付けのカメラや電話を使い、オペレーターと会話をして契約を進めていきます。   無人契約機での申し込み手順は、以下の通りです。  
無人契約機での申し込み方法
  1. 申し込み書類に必要事項を記入する
  2. オペレーターからの着信を受ける
  3. 在籍確認に応答し、完了する
  4. キャッシング専用のカードを受け取る
  無人契約機での申し込みの場合は、来店時に本人確認書類(マイナンバーカード・パスポートなど)を提出する必要があります。   店舗の中に入るとATMのような機械と椅子が設置されており、そこに着席して手続きを進めていきます。   ただし、いきなり無人契約機で契約を行おうとすると、審査で1時間前後待たされてしまう場合があります。   自動契約機でスムーズに手続きを進めたい方は、あらかじめWEB上で「仮審査」を進めておきましょう!   その後、オペレーターから勤務先に在籍確認の電話が行われますので、あらかじめ了承しておきましょう。   在籍確認では「○○さんはいらっしゃいますか?」と、担当者の個人名で電話がかけられますので、キャッシングがバレる心配はありません。   在籍確認の電話をどうしても避けたい方は、WEBでの申し込みを行うようにしましょう。   また細かい手続きの流れに関しては、利用する消費者金融ごとに異なりますので、あらかじめ確認をしておくようにしましょう。

学生がカードローンを使う際の注意点

学生_カードローン_注意点 学生でも十分カードローンを申し込むことは可能ですが、注意点も存在しています。   実際に申し込みを行う前に、しっかり確認しておきましょう!

返済が滞ると信用情報に傷がつく

カードローンを利用してお金を借りるのであれば、責任を持って返済を行う必要があります。   返済が滞ると信用情報に傷がつき、以下のような事態が発生してしまうことがあります。  
信用情報に傷がつくと発生する事例
  • ローンが組めなくなる
  • 新しいクレジットカードを作れなくなる
  • クレジットカードが使用できなくなる
  上記のように、就職してからも悪影響を受けてしまう可能性がありますので、返済は毎月定期的に行うようにしましょう。   仮に支払いが滞納してしまった場合など、アルバイト先や実家に連絡が入る場合がありますので、十分に注意しましょう。

1日でも返済が遅れると「遅延損害金」が発生する

返済が遅れてしまうと「遅延損害金」を支払う義務が発生します。   遅延損害金は1日ごとに発生し、以下のような計算式となっています。  
遅延損害金の計算式
遅延損害金 = 借入金額 × 遅延損害利率 ÷ 365日 × 延滞日数
つまり、遅れた日数ごとに損害金が加算されることになります。   ですので、しっかりと期日ごとに返済するように心がけましょう!

学生向けカードローン・キャッシングおすすめ5選

学生_カードローン_おすすめ

学生向けカードローン①:プロミス

即日キャッシング_プロミス
  • 審査通過率は45.2%
  • 24時間振込可能な金融機関の口座を持っていれば、最短10秒で振込可能
  • 申込から利用までWeb完結(郵送物なし・カードレス)
  • (店舗での借り入れだが)機械操作で対面なし
実質年率 借入限度額 無利息期間
[実質年率] ~500万円 -
担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要 最短即日融資可能
 

学生向けカードローン②:イーキャンパス

ローンが初めて、女性におすすめな学生専門サービス!
実質年率 借入限度額 無利息期間
[実質年率] ~50万 -
担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要 最短即日融資可能

学生向けカードローン③:楽天銀行スーパーローン

銀行系カードローン_楽天銀行
  • 申込、審査はWeb完結(スマホ完結可)
  • ATMやネット銀行から借り入れが可能
  • 楽天銀行の口座開設は不要(楽天銀行口座なら24時間即時振込可)
実質年率 借入限度額 無利息期間
[実質年率] 10〜800万円 ナシ
担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要 最短翌日融資 有 ※安定した収入がある方

学生向けカードローン④:キャッシングのフタバ

小額融資で審査が早いと人気のキャッシングのフタバ!
実質年率 借入限度額 無利息期間
[実質年率] ~50万 初めての利用で、キャンペーン期間中(2015年6月30日まで)に契約した方
担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要 最短即日融資可能

学生向けカードローン⑤:アコム

即日キャッシング_アコム
  • 審査通過率は45.2%
  • Web契約なら来店不要(申込、借入、返済、残高照会がWeb完結)
  • 融資金額は最大800万円までOK!
  • 実質年率は3.0%~18.0%
実質年率 借入限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 1~800万円 30日 ※はじめて利用する方
担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要 最短30分で審査回答 有 ※20歳以上で安定した収入のある方
 

キャッシング・カードローンおすすめ関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事