キャッシングの即日融資対応 おすすめ会社人気ランキング|審査が甘いのは一体どこ?
 
「即日融資を受ける方法を知りたい…!」 上記のような疑問にお答えしていきます。 結論言いますと、キャッシングで即日融資を受けることは大いに可能です! ただし、全てのキャッシング業者が「即日融資」に対応しているとは限りません。 本記事を読めば、即日融資に対応しているキャッシング会社について、バッチリ理解することができますよ!

即日融資サービスを受けられる可能性があるキャッシング業者

即日融資_キャッシング   まず結論を申し上げますと、即日融資に対応しているのは「消費者金融系カードローン一択」になります! キャッシングには、主に以下の2つの種類が存在しています。
キャッシングの2つの種類
・クレジットカード付帯のキャッシング ・カードローンのキャッシング
クレジットカード付帯のキャッシングの場合は、カードをお持ちの方であればいつでも利用可能です。 ただしクレジットカードを所有していない方の場合は、キャッシングを行うことができません。 さらに、クレジットカードを新規発行する場合、短くとも「1週間前後」の時間を要してしまいます。 大手金融機関が行なっている「銀行カードローン」も同様で、融資には早くとも「24時間前後」を要してしまいます。 ですので、即日融資を行う場合は「消費者金融カードローン一択」となるのです! 以下では、人気の高いキャッシング会社を「5つ」ほどご紹介します!

即日融資可能なキャッシング① プロミス

即日融資_キャッシング_プロミス   即日融資を行える消費者金融の中でまずおすすめなのは。プロミスです!  
プロミスの特徴・メリット
  • インターネット上(web完結)で借り入れ申し込みを行うことができる
  • 審査時間はなんと「最短15秒で事前審査完了※」と、とってもスピーディー ※事前審査結果ご確認後に本審査が必要となり、新規契約時点の融資額上限は50万円までとなります。
  • 他の消費者金融カードローンと比較すると、上限金利が低い
  • 大手金融機関である「SMBCコンシューマーファイナンス」が取り扱っており、安全性が高い!
 
担保・保証人 即日融資 無利息期間
不要 最短即日融資可能 30日※はじめて利用する方
審査時間 実質年率 借入限度額
即日(申込日当日、最短30分) 4.5%~17.8% ~500万円
大手金融機関「SMBCコンシューマーファイナンス」が取り扱うキャッシング、プロミス!   プロミスのメリットといえば、多彩な借り入れ方法です。   以下のいずれかの方法を用いて、借り入れを行うことができます!  
プロミスでの借り入れ方法
  • インターネット
  • 電話
  • プロミスATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  上記5つの方法から、ご自身に適した借り入れ方法を選ぶことができます!   またプロミスで即日融資を受けたい場合は、遅くとも「20時」までには申し込みを完了させるようにしましょう。   プロミスでの審査実施時間は「09:00~21:00」となっているため、即日で融資を受ける場合は、21時よりも前に余裕を持って申し込みを行う必要があります。   プロミスであれば、審査から借り入れまでは最短30分で行うことができます。   申し込みをする時間さえ気をつければ、即日融資を受けられる可能性が大きいのです!

即日融資可能なキャッシング② SMBCモビット

即日融資_キャッシング_モビット  
SMBCモビットの特徴・メリット
  • プロミスと同じくSMBCグループ。成約率はトップクラス!
  • インターネット完結申し込み(web完結)に対応し、職場への電話連絡なし
  • 即日融資にも対応!
  • 三井住友銀行ATMを使えば、手数料はなんと0円!
 
担保・保証人 即日融資 無利息期間
不要 即日融資も可能 なし
審査時間 実質年率 借入限度額
即日(申込日当日) ※様々な要因により即日借入が出来ないことがあります。 3.0%~18.0% ~800万円
  SMBCモビットは、プロミスと同じく「SMBCグループ」によって運営されている消費者金融。   SMBCモビットの「web申し込み」なら、パソコンやスマホからいつでも申し込みを行うことができます!   web申し込みを行う場合は、以下の金融機関の口座をあらかじめ開設しておきましょう!  
web申し込み時に必要な口座(いずれか)
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  さらにSMBCモビットなら即日融資を受けられるだけでなく、web完結申し込みなら職場への「電話連絡」も一切ありません!   即日融資を行なってかつ、職場にバレずにキャッシングを行うことができるのです!

即日融資可能なキャッシング③ アイフル

即日融資_キャッシング_アイフル  
アイフルの特徴・メリット
  • 最短30分で即日融資を受けられる!
  • 全国の自社ATMなら手数料が無料!
  • スマホ1つで借り入れを行うことができる
  • コンビニのATMで簡単に借り入れできる
 
担保・保証人 即日融資 無利息期間
不要 即日融資も可能 30日※はじめて利用する方
審査時間 実質年率 借入限度額
即日(申込日当日) 3.0~18.0% ~800万円
  他の消費者金融同様、アイフルも24時間365日、スマホまたはパソコンからキャッシングの契約を行うことができます!   審査は最短30分で完了することができます。   即日融資_キャッシング_アイフル   またアイフルでより早く即日融資を受けたい場合は、web申し込みの後すぐに電話連絡を行うようにしましょう!   web申し込み後にアイフルのフリーダイヤルに電話することで、審査時間を大幅に削減することができます。   ただし、フリーダイヤルの営業時間は09:00~21:00となっています。   ですので、より早く即日融資を受けたい場合は、フリーダイヤル営業時間内にweb申し込みを行い、電話連絡を行うようにしましょう!  

即日融資可能なキャッシング④ レイクALSA

即日融資_キャッシング_レイクALSA  
レイクALSAの特徴・メリット
  • 無利息期間が設けられている
  • Web完結なら最短60分で申し込みできる!
 
担保・保証人 即日融資 無利息期間
不要 即日融資も可能 Web申込で60日間無利息 借入額5万円まで180日間無利息 ※初めてなら
審査時間 実質年率 借入限度額
即日(申込日当日) 4.5%~18.0% ~500万円
  レイクALSAは、新生銀行グループの「申請フィナンシャル株式会社」が展開するカードローン。   大きなメリットとしては、無利息期間が設けられていることがあげられます。   初めての方であれば、以下の2つから、どちらかの無利息期間を選ぶことができます。  
2つの無利息期間
  • 借入金額60日間利息0円
  • 借入金額5万円を上限に180日間利息0円
  即日融資_キャッシング_レイクALSA   また、即日融資にももちろん対応しています!   web上からだと、24時間365日いつでも申し込みを行うことができ、とっても便利です。   通常、最短15秒ほどで審査結果が表示されるのですが、審査結果のお知らせ時間が限られています。  
レイクALSAの審査結果お知らせ時間
  • 8時10分〜21時50分
  いち早く審査、そして借り入れまで行いたい方は、上記時間帯に申し込むようにしましょう!

即日融資可能なキャッシング⑤ 楽天銀行スーパーローン

即日融資_キャッシング_楽天銀行スーパーローン
楽天銀行スーパーローンの特徴・メリット
  • 借り入れ限度額は800万円!
  • 1.9~14.5%という低金利を誇る!
  • 楽天銀行口座を持っていなくてもOK!
 
担保・保証人 即日融資 無利息期間
不要 なし なし
審査時間 実質年率 借入限度額
即日(申込日当日) 1.9%~14.5% 10~800万円
楽天銀行カードローンは、大手企業「楽天グループ」によって展開されているカードローン。   金利が「1.9%~14.5%」とかなり低く、借り入れ限度額も800万円。   webを用いれば24時間いつでも登録を行うことができます!   しかし、楽天銀行は「銀行カードローン」ですので、即日融資には対応していません。   消費者金融カードローンとは違い、最低でも「1日」ほどは多めに審査時間がかかってしまいます。

WEB完結キャッシングなら、最短30分の即日融資!

即日融資_キャッシング 上記でご紹介した通り、キャッシングの即日融資を行うなら、以下の2つの方法から選ぶ必要があります。
キャッシングの2つの種類
・クレジットカードのキャッシング ・カードローンのキャッシング
先述した通り、クレジットカードの新規発行には時間を要してしまうため、事実上は「消費者金融カードローン」のキャッシング1択となります。 消費者金融のキャッシングでは、webからの申し込みでなんと「最短30分」での即日融資が可能になります! 試しに、大手消費者金融「アイフル」の、融資までの流れを見ていきましょう! 即日融資_キャッシング_アイフル 上記の通り、たった「4つ」のステップで申し込みができてしまいます! 運転免許証を読み込むと本人情報の入力を短縮することができるので、手続きの手間がかかりません! 運転免許証をお持ちでない方は、以下の必要書類のうちいずれかを、あらかじめ用意しておきましょう!
申し込みに必要な書類(いずれか)
・運転免許証 ・パスポート ・マイナンバーカード ・住民基本台帳カード

収入証明書が必要な場合もある

即日融資_キャッシング_収入証明書 「アイフル」や「プロミス」などの大手消費者金融の場合、50万円以下であれば「収入証明書」を提出することなく、キャッシングを行うことができます。 ただし一般的に、以下の項目に当てはまる方は、収入証明書が必要になる場合が高いです。
収入証明書が必要になるパターン
・銀行カードローンに申し込む場合 ・消費者金融利用で、借り入れ額が「50万円」を超える場合 ・複数の消費者金融利用で、合計の借り入れ金額は「100万円」を超える場合 ・提出した収入証明書の発行から「3年」が経過している場合(再提出)
上記に当てはまる方の場合は、あらかじめ収入証明書類を用意しておきましょう!
収入証明書が必要になるパターン
・源泉徴収書 ・所得証明書 ・給与明細書 ・確定申告書

キャッシングの即日融資をスムーズに行うコツ

即日融資_キャッシング_コツ キャッシングの即日融資を希望するのであれば、手続きもスムーズに行う必要があります! 以下でご紹介する「即日融資のコツ」を見て、より円滑に融資を受けましょう!
スムーズに即日融資を受けるコツ
1.Web完結申し込みを選択する 2.Web完結申し込み後に電話する 3.早い時間帯に申し込みする 4.個人情報の入力を正確に行う 5.希望借入額を低めにする

即日融資のコツ① Web完結申し込みを選択する

即日融資_キャッシング_Web完結 キャッシングを行う際は、以下の4つの方法で申し込みを行うことができます。
4つの申し込み方法
・オンライン上(Web)での申し込み ・電話での申し込み ・自動契約機での申し込み ・郵送での申し込み
即日融資を希望する場合であれば、必ず「オンライン申し込み(web申し込み)」を選択しましょう。 web申し込みであれば、24時間365日対応しているキャッシング業者がほとんど。 さらに、本人確認書類などはアップロードするだけですので、手間がほどんどかかりません! 以下、アイフルでのweb申し込み手順になります。
アイフルでの申し込み手順
1.お申し込み 2.審査(最短30分) 3.契約の手続き 4.借り入れ
web申し込みなら、上記4つのステップを踏むだけで、かんたんに借り入れを行うことができます! 契約に必要な書類等も特にありませんので、周囲にキャッシングがバレる心配もありません。

即日融資のコツ② Web完結申し込み後にフリーダイヤルに電話する

即日融資_キャッシング_フリーダイヤル 即日融資を希望の場合は、web申し込み後にフリーダイヤルに電話をしましょう。 フリーダイヤルに電話を入れることで、より早く融資を受けることができます。 実際に、アイフルの公式ホームページには、以下のような記載が存在しています。 即日融資_キャッシング_アイフル 公式サイトでもアナウンスされている通り、web申し込み後に電話をすると、融資の速度を早めることができるのです!

即日融資のコツ③ 早い時間帯に申し込みを完結させる

即日融資_キャッシング 夕方以降の遅い時間帯になってしまいますと、審査が混み合います。 審査が混み合ってしまうと、その日のうちに即日融資を受けることが厳しくなってしまいます! ですので、なるべく早い時間、可能であれば日中のうちに申し込みを完結させるよう心がけましょう!

即日融資のコツ④ 個人情報の入力を正確に行う

即日融資_キャッシング_個人情報 個人情報提出のときに不備があった場合、確認が取れず審査が長引いてしまうことが考えられます。 また、虚偽の記載などをした場合でも、信用できない人間だとみなされ、審査に落ちてしまうことが考えられます。 個人情報を提出する際は。あらかじめ間違いがないようにしっかりと確認しておきましょう!

即日融資のコツ⑤ 希望借入額を低めに設定する

即日融資_キャッシング_希望借入額 希望借入額を低めに設定すると、審査に通りやすくなる傾向があります。 目安としては『10万円〜20万円』が妥当な金額だと言われています。 そもそもキャッシング会社は、貸したお金が返済可能かどうかを、収入や信用情報を元に判断します。 そのため、収入に見合っていない高額な融資を希望すると、審査には通りにくくなってしまいます。 また「総量規制」などの法律も存在しており、借り入れできる金額には上限が存在しています。 総量規制とは:消費者金融などからの借り入れ上限を、年収の3分の1までとする法律 加えて、一度に50万円以上の借り入れを行う場合や、合計で100万円以上の借り入れがある場合は、収入証明書を提出する必要があります。

即日融資のコツ⑥ 即日返済する

日本の民法には「初日不算入の原則」という法律が存在しています。 つまり、カードローンやキャッシングなどで借り入れを行う際、金利が適用されるのは必ず「翌日から」となります。 ですので、急な用事などで資金が必要になった場合、その日のうちに返済してしまえば、利息「0円」で借り入れを行うことができるのです! また、大手消費者金融系カードローンであれば、初回30日のみ「利息0円」で借り入れを行うことができます。 即日融資を行うなら、すぐに返済してしまった方がおトクに借り入れを行うことができるのです!

キャッシングの即日融資に関してのよくある質問/Q&A

即日融資_キャッシング_よくある質問

自己破産してもキャッシングの即日融資はできる?

即日融資_キャッシング_自己破産
自己破産してもキャッシングの即日融資はできる?
可能です。しかしいくつか条件が存在しています。
厳密に言うと、「自己破産したからキャッシングを利用することができない」という明確な法律自体は存在していません。 しかし自己破産をすることで、今後10年間は金融機関の審査を受けることはできません。 ですので、自己破産した後にキャッシングを行う場合は、以下の2つの条件を満たす必要があります。
自己破産後にキャッシングを受ける条件
・自己破産してから10年の歳月が経過していること。 ・自己破産したときに利用していた金融機関ではないこと。
上記の条件を満たす必要があります!

審査なしでキャッシングの即日融資はできる?

即日融資_キャッシング_審査
審査なしでもキャッシングを利用することはできますか?
できません。審査がないキャッシングは存在していません。
審査がないキャッシングは存在していません。 ただし、既にクレジットカードを発行しているん場合、カード付帯のキャッシング機能であれば、審査を通さずに利用することができます。 対して「消費者金融カードローン」や「銀行カードローン」の場合は、審査を必ず通す必要があります。 審査が行われる際、より重要視されるポイントは以下の3つです。
審査時にチェックされるポイント
・年収はどれくらいなのか ・支払いの滞納歴はあるか ・他社からの借入額はどれくらいなのか
キャッシング会社は、貸し出す人の「収入」や「信用情報」を元に、審査を行います。 ですので当然、借り入れ金額が大きくなれば、勤務先などに確認が入る可能性が高くなるのです。

主婦でもキャッシングの即日融資はできる?

即日融資_キャッシング_主婦
収入のない専業主婦でもキャッシングを行うことはできるの?
基本的にはできません。しかし例外があります。
収入のない専業主婦の場合は、原則としてキャッシングを行うことはできません。 これは「総量規制」という法律が関係しています。 総量規制とは:消費者金融などからの借り入れ上限を、年収の3分の1までとする法律 しかしながら「配偶者貸付」という制度を利用すれば、収入のない主婦の方でもキャッシングを行うことができるのです! 配偶者貸付とは:配偶者(夫)と合算した収入の3分の1の金額まで、借り入れが認められる制度 つまり、配偶者である夫の収入があれば、その収入の3分の1の金額を上限として、キャッシングを行うことができるのです。 例えば、夫の収入が年間600万円の場合、3分の1である「200万円」を上限に、キャッシングを行うことができます。

学生でもキャッシングの即日融資はできる?

即日融資_キャッシング_学生
学生でもキャッシングを行うことはできるの?
できます。
学生の方でも、定期的な収入源がある方であれば、キャッシングの即日融資を受けることができます。 ここで言う「定期的な収入」というのは、パートやアルバイトも含まれます。 ですので、アルバイトなどで収入のある学生や、主婦の方であれば、キャッシングの即日融資を利用することができるのです!

無職でもキャッシングの即日融資はできる?

キャッシングで借り入れを行う場合、定期的な収入源を持っている必要があります。 ですので、無職の方は借り入れを行うことができません。 ただし、正社員ではなく「パート・アルバイト」であれば、融資を受けることができます。 無職の方がキャッシングに申し込む場合は、まずアルバイトなどで収入源を作ってから、申し込みを行うようにしましょう!

未成年でもキャッシングの即日融資はできる?

未成年の方の場合は、キャッシングは行うことができないケースがほとんど。 まず、大手消費者金融の場合は、利用可能年齢を「20歳〜」と定めている会社が多く、利用することができません。 またクレジットカードの場合、ほとんどのカード会社は「未成年者保護規定」を定めています。 未成年の方には、キャッシング機能が付帯していないカードが提供されるため、こちらもキャッシングを行うのは不可能と考えておくのがよいでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事