キャッシング(消費者金融)とクレジットカードのキャッシング枠の違い

「お金を借りたい」と思った時、まず思いつくのがクレジットカードと消費者金融などのキャッシングではないでしょうか。
この2種類は似ているサービスですが、違いもたくさんあります。

今回はキャッシングとクレジットの違いについてご紹介します。

キャッシング業者とクレジットカードのキャッシングはどう違う?

キャッシング業者とクレジットカードのキャッシングはどう違う? 普段生活している内に、急な出費があって困ったというケースも多いのではないでしょうか。
また現金での一括払いでは支払いが困難な大きな買い物をする機会もあります。

そんなキャッシングやカードローンは身近にあり、便利なサービスです。
最近ではWebから申し込み、契約まで完結できるサービスもあります。

しかし実際にクレジットカードとクレジットカードのキャッシング、キャッシングの違いがよく分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まずはクレジットカードのキャッシングと消費者金融業者のキャッシングの大可茉奈特徴を表にして比較してみました。
どちらもお金を借りるという大きな点では代わりがありませんが、使い方やサービス内容で違いが出てくるのが分かると思います。

比較対象 消費者金融キャッシング クレジットカード
利用できる年齢 20歳以上 ほとんどが18歳以上
金利 15~18% 15~18%
審査時間 数分~数時間 約1週間
年会費 無料 カードの種類による
限度額 高め設定 最初は低め設定が多い
借入方法 ATM、口座振込 ATM
返済方法 ATM、口座自動引落、口座振込など 口座自動引落が一般的
ショッピング機能 無し 有り
用途 事業性意外のまとまった資金調達。ショッピング、エンタメ等 ショッピング、エンタメ等
付帯サービス 一定期間利息0円など
(会社によって異なる)
海外旅行保険
盗難保険
ロードサービスなど
(会社により異なる)
ポイント 返済によって提携ポイントが貯まる場合もある 決済でポイントが貯まる
全てのクレジットカードのキャッシング、キャッシング業者に当てはまる特徴ではありません。
あくまで目安として参考にしてください。

クレジットカードとはどんなもの?

クレジットカードとは買い物の際に、支払いを後払いにできるカードのことを指します。

店舗でクレジットカードを利用すると、一旦カード会社が商品の購入代金を肩代わりしてくれます。
そのため利用者は現金を使うことはく支払いが完了します。

カード会社が肩代わりした商品代金は翌月以降に請求されます。
クレジットカードには複数の支払い方法があります。

・一括払い
・分割払い
・リボルビング払い(リボ払い)
・ボーナス払い

分割払いやリボ払いは、1回あたりの支払金額を少なくできるメリットがあります。
しかし手数料や利息が発生するので注意が必要です。

さらにクレジットカードは1ヶ月の利用限度額があるため、限度額を超える高額な買い物はできないこともあります。
また買い物をすることでカード独自のポイントを貯めることができ、次の支払いなどに利用可能です。

またクレジットカードには「ショッピング機能」と「キャッシング機能」が付帯していることが多いです。
カード作成時にキャッシングの利用限度額が審査され、その範囲であればクレジットカードでも現金が借入できます。

クレジットカードがあれば利用できるので、とても便利な機能です。
ただしキャッシング(カードローン)に比べて限度額は少なく設定されています。

またカードローンよりも金利が高く設定されている場合もあります。

キャッシング(カードローン)とはどんなもの?

キャッシング(カードローン)は消費者金融や銀行と契約をし、借入を行うためのカードを入手します。
そのカードを使って現金を引き出し、受けることを指します。

このカードはCD(カードキャッシュディスペンサー)やATMなどから借入を行います。
また振込で対応してもらえる会社もあります。

クレジットカードとキャッシングの一番の違い

クレジットカードとキャッシングの一番の違い クレジットカードとキャッシングの一番の違いは「ショッピング機能」です。

クレジットカードはそのカードで買い物ができますが、キャッシングのカードはあくまで現金を借り入れるためのカードです。
カード自身での商品の決済機能はなく、そのためキャッシングのカード自体で買い物をすることはできません。

したがって、商品の代金の決済機能があるかが、クレジットカードとカードローンのいちばんの違いです。

クレジットカードにはキャッシング機能がありますし、枠内なら何度でも自由に借りることができますので、この点はカードローンに似ています。
しかしクレジットカードは、たとえそれがゴールドカードやプラチナカードでも、キャッシング枠はショッピング枠ほど広がりません。

ゴールドカードでも最大で100万円ぐらいまで、プラチナカードでも300万までつく会員はかなり限られてくるはずです。
また、先ほども触れた通りクレジットカードのキャッシングの金利はカードローンより割高となります。
同じクレジット会社でローン利用するのなら、別途用意されているカードローンを利用したほうが金利は安く済むでしょう。

クレジットカードとキャッシングの金利の違い

種類 会社名 金利
消費者金融 アイフル 3.0~18.0%
SuLaLi(アイフル) 18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
プロミスレディースキャッシング 4.5%~17.8%
レイクALSA 4.5%~18.0%
銀行 楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
auじぶん銀行 1.48%~3.5%(通常)
クレジットカード
(キャッシング)
イオンカード 7.8%~18.0%
Tカードプラス 14.95%~17.95%(実質年率)
三井住友VISAクラシックカード 3.5%~18.0%(実質年率)

金利だけ比較すると、銀行系のカードローンが最も低金利となっています。
ただし借入を行う際は、下限金利ではなく、上限金利を確認するのがおすすめです。

その理由は実際に審査され適用されるまで、利率が分からないためです。
「下限金利で計算していたら思ったより高かった」とならないように、高い方の金利で計算しておきましょう。

消費者金融業者のキャッシングが優れている点

消費者金融業者のキャッシングが優れている点としては「審査時間」「限度額」の2点です。

審査時間に関しては消費者金融のほうが圧倒的に早いです。
もともとクレジットカードを持っていれば別ですが、1から作るとした場合、クレジットカードでは作成するまでに時間が掛かるため、すぐの借り入れは難しいでしょう。
消費者金融からの借り入れですと、朝一番に申し込みをすれば最短で即日に借り入れを行うことも出来ます。

2点目は限度額です。
クレジットカードのキャッシングサービスを使ったとしても、利用限度額は消費者金融業者のほうが高め設定がほとんどです。

種類 会社名 利用限度額
消費者金融 アイフル ~800万円
SuLaLi(アイフル) ~10万円
SMBCモビット ~800万円
プロミス ~500万円
プロミスレディースキャッシング ~500万円
レイクALSA ~500万円
銀行 楽天銀行スーパーローン 10〜800万円
auじぶん銀行 1万円~800万円
クレジットカード
(キャッシング)
イオンカード 1千円~300万円
Tカードプラス 150万円以内(要審査)
三井住友VISAクラシックカード 5万円~700万円
(会員ランクにより上限が異なる)

三井住友VISAクラシックカードは上限が700万円と高めですが、こちらはゴールドローン会員の方・ゴールドローンカードレス会員の方のみです。
一般のカードを持っている場合ですと、利用限度額は「5万円~90万円」または「100万円~300万円」となります。

金額が低い場合は、クレジットカードのキャッシング枠でも良いですが、大きなお金が必要なときにはクレジットカードのキャッシング機能では全て借り入れを行うことが出来ない時もあります。

クレジットカードのキャッシングが優れている点

クレジットカードでのキャッシングを利用する時に優れている点としては「特典の有無」でしょう。

クレジットカードは契約する時に「○○ポイント還元!」や「○○円キャッシュバック!」など、契約時や利用時にお得な特典やキャンペーンを開催していることが多いです。

ただ、こちらはクレジットカードを作ることが目的のキャンペーン内容がほとんどですので、キャッシング利用に使えるキャンペーン内容ではないことが多いです。

基本的に「キャッシング機能があるからクレジットカードを契約する」という考えですと使っていくうちに色々と不便な点も出てくるかもしれません。

キャッシングとクレジットカードはどう使い分けたら良い?

似ているようで大きく異なるのがクレジットカードとキャッシングです。
支払い方法や金利が異なるので、どちらを利用しようか悩んでいる場合も多いのではないでしょうか。

基本的にはクレジットカードは普段の買い物でも使用できます。
そのためスーパーやコンビニなどキャッシュレスでお買い物したい際にも便利です。

またクレジットカードは使用することでポイントが貯まりますので、ポイントを使って買い物をすることもできます。
そして大きな違いとして、クレジットカードは一括払いであれば利息はかかりません。

一方でキャッシングは現金を借りるサービスです。
借入を行った時点で利息がかかっていまいます。
そのため、「現金が必要だがどうしても用意できない」というシーンで使うのがおすすめです。

では他にどちらをどんなシーンで使い分けたら良いのか一例をご紹介します。

総合的に金利が低い信販・クレジット系キャッシング

信販・クレジット系キャッシングは消費者金融のキャッシングと提供される金利の%はほぼ変わりませんが、借入額に対し消費者金融よりやや低めに設定されることが多いです。

月々の支払額が小額設定で、長期の借り入れを考えている方にとっては、総額的な金利を低く抑えることができます
借り入れまでのスピード感としては、ほとんどが最短翌営業日となっており、サービスによっては手元にカードが届く前に借り入れできるものもあるため、利便性が高いです。

早い時間で作れるのはキャッシング(消費者金融)

新規申込の場合、消費者金融のキャッシングは 申し込む時間帯によっては、最短で即日融資が受けれるところも多いです。
何度もキャッシングをする可能性や、高額な限度額が必要な場合はキャッシング(消費者金融)が向いています。

また銀行系カードローンや信販・クレジット系カードローンと違い、消費者金融で発行されるキャッシング用のカードには年会費がかかりません
一度カードを作っておけば、必要なタイミングで借入できます。
さらに、消費者金融のキャッシングは借入がない限り、手数料はかかりません

少額ならクレジットカード、高額ならキャッシング(消費者金融)

クレジットカードにもショッピング枠やキャッシング枠にそれぞれ利用限度額が設定されています。
この金額はキャッシングで借りる金額よりも少額に設定されていることが多いです。

そのため少額の借入を希望している人、翌月にまとめて一括返済できる目途が立っている人はクレジットカードやクレジットカードのキャッシング機能が向いています。

一方でキャッシング・カードローン(消費者金融)は、限度額が約500~800万円に設定されています。
限度額は審査によって決まりますが、クレジットカードよりは多く借りられます。

そのため、たくさん借りたい人や金利を抑えたい人、毎月の返済額を抑えたい人に向いているでしょう。

借入方法・返済方法の違いを比較

まずクレジットカードのショッピング機能では、一括払い・分割払い・リボ払いなどを選択できます。
支払いは口座からの自動引き落としがメインです。

クレジットカードのキャッシング機能を使う場合は、インターネット、電話、CD・ATMなどで借入できます。
CD・ATMはコンビニのATMも利用できます。
インターネットや電話で申し込んだ場合は、利用代金が支払口座に振り込まれます。
CDやATMの場合は、その場で引き出しが可能です。

返済はショッピング機能の利用と同じく、自動引き落としがメインとなっているところが多いです。
サービスによってはATMや振込みによる臨時返済、引き落とし日より前の事前返済ができるところもあります。
毎月、自分で振り込んで返済するのが面倒という方は自動引き落としでの返済方法は、非常に利便性が高いでしょう。

続いて、キャッシングの借り入れ・返済方法ですが、まず借り入れは振込やインターネットからの振込予約、電話からの振込予約、店舗、提携先ATMなどがほとんどです。
返済方法に関しても振込や口座振替(自動引落)、コンビニ、店舗、提携先ATMの利用が可能です。

キャッシングは借入・返済方法ともに豊富なのが特徴です。
インターネットから振込予約ができたり、コンビニのATMから借入・返済ができたりするので、利便性が高くなっています。

ただしコンビニATMなどは手数料がかかる場合はあるので注意しましょう。

種類 会社名 借入方法 返済方法
消費者金融 アイフル

口座振込、ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、店舗窓口、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等
※詳しくは店舗情報をご覧下さい。

口座振込、ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、店舗窓口、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等
※詳しくは店舗情報をご覧下さい。

SuLaLi(アイフル)

ネットで申し込み→携帯電話で必要情報を送信→審査→ネットにて契約手続き→カードの受取り(郵送)

口座振込、ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、ネットによる入金依頼可、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等

SMBCモビット

口座振込、ATM/CD(提携金融機関)、ネットにて入金依頼可、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等
※詳しくは店舗情報をご覧下さい。

借入後残高スライド元利定額返済方式

プロミス

口座振込、ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、店舗窓口、ネットによる入金依頼可、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等
※詳しくは店舗情報をご覧下さい。

ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、口座振込、店舗窓口、口座自動引落、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等

プロミスレディースキャッシング

公式サイトでご確認ください。

公式サイトでご確認ください。

レイクALSA

インターネット(最短即日振込)、新生銀行カードローンATM、提携ATM

web返済サービス、銀行振込、自動引き落とし、新生銀行カードローンATM、コンビニエンスストア設置の提携ATM等
※詳しくは公式サイトをご覧下さい。

銀行 楽天銀行スーパーローン

提携CD・ATM、口座振込、コンビニエンスストアに設置の提携ATM/CD等

提携ATM/CD、口座振込、口座自動引落、インターネット(Pay-easy)、コンビニエンスストアに設置の提携ATM/CD等

auじぶん銀行

提携銀行(三菱UFJ銀行)ATM、コンビニATM、指定口座振り込み

銀行振込、自動引き落とし、コンビニATM、提携銀行ATM等
※詳しくは公式サイトをご覧下さい。

クレジットカード
(キャッシング)
イオンカード ATM、口座振込、ネット、電話 指定口座より自動引き落とし
Tカードプラス 全国の提携金融機関(銀行・郵便局・信用金庫・信用組合)やコンビニ等ATM・CD、ネット、電話、 自動引落し、事前返済も対応可能
三井住友VISAクラシックカード 全国の銀行・コンビニATM、口座振込、ネット、電話 毎月の自動引き落とし、ATMや振込みによる臨時返済も可能

消費者金融とクレジットカードの審査の違い

キャッシングとクレジットカードには審査に関しても違いがあります
その理由としては、クレジットカードとキャッシングの仕組みの違いが関係しています。

●キャッシング(消費者金融)
お金を借りたい人に対して、消費者金融が「無担保でお金を貸す(融資する)」
無担保である代わりに、利息を取って商売として成立させている

●クレジットカード
ショッピングの立替払いが主目的
キャッシングは、サブ的な要素(本来は担保を必要とすべき部分)

例えばクレジットカードでブランド物のバッグなどを購入した場合、指定の口座から代金の支払が行われるまで、「購入した商品の所有権はクレジットカード会社に帰属する 」つまり担保になるのです。

キャッシング=無担保融資クレジットカード=担保型融資
と担保の有無で考えると審査の厳しさにも納得出来ますね。

クレジットカードやキャッシングと借金の違いは?

クレジットカードとキャッシングを使用した際「借金になってしまうのでは?」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。
どちらも一時的に「お金を借りる」という行為となります。

結論から言うと、クレジットカードの「一括払い」は借金になりません。
一括払いは、利用者が支払い能力に合った買い物をしていることが前提だからです。

もちろん支払いができなかったり、滞納してしまったりした場合は「借金」として扱われます。
またリボ払いや分割払いは、借金として扱われることが多いです。

一方で、キャッシング(カードローン)やクレジットカードのキャッシング機能は、借金にあたります。
キャッシングの利用履歴は個人信用商法機関にも登録されますので、覚えておくと良いでしょう。

キャッシングとクレジットカードを使い分けよう

キャッシングとクレジットカードの機能は大きく異なりますが、クレジットカードにもキャッシング機能がついているのでややこしいと感じる方も多いのではないでしょうか。

基本的にクレジットカードのキャッシング機能はあくまで、クレジットカードの付帯機能なので、借りられる金額は多くありません。

そのため「クレジットカードはあるがキャッシング会社のカードはない」「すぐに現金が必要」といった緊急時には便利です。

ただし金利が高く借りられる金額も多くないので、たくさん借りたい人や毎月の返済額を抑えたい人は、キャッシングの方が向いていると言えます。

自分がどの用途で利用したいかを考えて、自分にあった方を選びましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事