クレジットカード(キャッシング枠)の限度額はどう決まる?わかりやすく解説します
クレジットカード(キャッシング枠)の限度額はどう決まる?わかりやすく解説します

クレジットカードのキャッシング枠には必ず利用限度額が設定されています。
利用限度額はキャッシングの種類によっても違い、また利用者ごとに設定が変わります。

ある程度まとまった借入をする場合、自分のクレジットカードのキャッシング利用限度額を確認しておく必要があります。

ではクレジットカードのキャッシング利用限度額はどのように決まるのか、その仕組みを解説しましょう。

クレジットカードのキャッシング枠での限度額はどう決まるのか

クレジットカードのキャッシング枠での限度額はどう決まるのか

まずは、キャッシングとしての利用限度額は、簡単にいうと個人が借入できる金額の上限のことをいいます。

利用限度額は利用者ごとに違い、その設定は主に以下の2つの基準によって決まります。

(1)総量規制による限度額の設定(主には消費者金融や信販会社)
消費者金融や信販会社によるキャッシングやカードローンでは、「貸金業法」により借入できる利用限度額が決められています。

これを「総量規制」といい、借入金額は個人の年収の3分の1以内に制限されます。
複数の借入先があるとしても、その合計は年収の3分の1以内しか認められません。

ただし「貸金業法」で規定されるのは、消費者金融や信販会社などのいわゆる貸金業者のみで、銀行が直接扱うカードローンなどは該当しません。
またクレジットカードを使ったショッピングも、総量規制の対象にはなりません。

(2)各金融機関での限度額の設定(審査で決まる利用限度額)
個人が借入可能な利用限度額は、実際にはそれぞれの金融機関によって設定されます。

貸金業者からの借入は、通常クレジットカードを使ったキャッシングか、それとは別枠で申し込むカードローンですが、それぞれ申し込み審査時に利用限度額が決まります。

申し込み時に貸金業者は、利用者の信用情報を使って審査を行います。
これは利用者の過去の借入状況や、返済能力を確認するためです。

審査の結果によって利用限度額が決まりますが、初回契約時は50万円以下の設定がほとんどです。

銀行などの金融機関で申し込むカードローンも、基本的には同じような条件で利用限度額が決まります。

しかし金融機関と貸金業者では、1点だけ限度額の算定基準に違いがあります。
実は銀行などの金融機関は、先ほどもお伝えした通り総量規制の対象外なのです。

とはいっても銀行の方が、貸金業者よりも利用限度額が高くなるとは限りません。
銀行内でも自主規制によって、借入金額を個人の年収の3分の1以内に制限することが主流になったからです。

このようにキャッシングの利用限度額は、貸金業者や金融機関が行う審査によって、利用者の信用情報をもとにして決められます。
1つのポイントとして、個人の返済能力の高さが基準になると考えても良いでしょう。

キャッシング枠とクレジットカード(ショッピング枠)の違いと特徴

キャッシング枠とクレジットカード(ショッピング枠)の違いと特徴

クレジットカードの場合、利用限度額がいくつかに分類されることがほとんどです。

1例としてJCBカードのケースをもとに解説しますが、利用限度額は支払い方法ごとに大きく3つに分類されます。
それぞれ簡単に紹介しましょう。

(1)ショッピング枠 ショッピング1回払いでの利用限度額
(2)ショッピング残高枠 ショッピングリボ払い・ショッピング分割払い・ボーナス払いなど、複数の支払い方法ごとの利用限度額
(3)キャッシング総枠 キャッシング1回払い、キャッシングリボ払いなど、キャッシングの支払い方法ごとの利用限度額
(4)総枠 総枠は(1)~(3)をすべて含めた中での最大限度額

ほとんどのカード会社では、キャッシングよりもショッピングの利用限度額を高めに設定しているようです。

クレジットカードとは別にカードローンを申し込んだ場合でも、それらの利用限度額の合計は総量規制の対象になりますが、ショッピング枠に関しては総量規制の対象外になります。

クレジットカード(キャッシング枠)の利用限度額を増やす方法

クレジットカード(キャッシング枠)の利用限度額を増やす方法

クレジットカード(キャッシング枠)は、1度決まった利用限度額は、その後もまったく変化せず維持されるわけではありません。

利用限度額は利用に応じて増える場合もあり、逆に返済状況などに応じて減額される可能性もあります。

金融機関は利用者の状況を常に確認していて、ある程度の借入実績があり返済履歴も優良と判断されると、金融機関による評価が高まります。

その結果優良な利用者に対しては、金融機関側から利用限度額を増額する案内が届く場合があります。
このケースでは利用者が実際に申し込めば、増枠の審査に通らないことはほとんどないようです。

もう一つ利用限度額を増やす方法としては、利用者が自ら増額を申し込むケースが考えられます。

この場合はこれまでの借入実績や信用情報をもとに増枠の審査が行われ、承認されれば利用限度額が増えることになります。

利用限度額は、金融機関による個人への評価です。利用限度額の設定は、信用情報機関で管理される個人情報をもとに行われます。
利用限度額が高めに設定されるということは、金融機関からの利用者に対する信用度の証明だと言えるでしょう。

また銀行などでの借入と同様に、キャッシングでも一定の取引実績があり、優良な利用者と評価されれば、利用限度額が増額されることもあります。

利用限度額が低めに設定されている人は、その事実を素直に受け入れて、無理せず上手にキャッシングを利用しましょう。
少額からでも着実に利用実績を伸ばせば、優良な利用者と再評価されて、利用限度額を増やすことも可能になるかもしれません。

クレジットカード(キャッシング枠)の利用限度額についてのまとめ

クレジットカード(キャッシング枠)の利用限度額についてのまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回の記事では、クレジットカードのキャッシング枠の利用限度額について解説してきました。
それではまとめに入っていきましょう。

クレジットカードには、買物の支払いで利用できる「ショッピング枠」。
ATMなどからお金を借りたり、口座に振り込みを受けられる「キャッシング枠」。

この2つが設けられているカードが多いです。
ショッピング枠とキャッシング枠には、限度額が決められていて、利用できる限度額はクレジットカードの申込時、希望するキャッシングの上限額をもとに審査が行われ、決められます。
※必ずしも、自分の希望通りに上限金額が設定できるわけではありません。

ただ、こちらはあくまで申込時に設定される上限利用額なので、クレジットカードを取得した後でも、自身で希望を出せば再度審査を受ける事ができ、利用限度額が変わる可能性もあります。

クレジットカードのキャッシング利用は、サービスによっても異なりますが提携金融機関のATMや、銀行、提携会社のキャッシュディスペンサー、コンビニのATMからも利用できるカードもあります。
カード会社によって利用方法は異なりますので、ご自身のクレジットカード会社の情報を確認しましょう。

また、クレジットカードの総利用枠(ショッピング・キャッシング)は、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれています。
たとえばキャッシング枠が10万円、ショッピング枠が30万円だったとすると、利用限度額は30万円となります。

ショッピング枠として30万円を全て使ってしまうと、キャッシング枠としては0となり、利用できません。
逆にキャッシング枠の10万円を使うと、ショッピング枠として利用出来るのは20万円となります。

利用の際には、このあたりにも注意しながら確認していくようにしましょう。

必要な時に現金を借りることができるクレジットカードのキャッシング枠は便利で助かるサービスですが、必ず返済計画をきちんと立てた上で、利用するようにしましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事