キャッシングの「総量規制」とは?分かりやすく解説します!

キャッシングを借りたいと思った時困るのは、なんか良くわかんない難しそ~な専門用語

私も最初、よく分からない言葉が多くて困りました。。
全てを覚える必要はないと思いますが、私が実際に学んで「これは知っておいたほうが良い」と思ったものを、紹介します。

今回は「総量規制」についてです。

キャッシングの総量規制とは

キャッシング総量規制」というのは、自分の年収の3分の1以上は貸金業者から借りてはいけませんよー!という規制です。

主に消費者金融や信販会社系、クレジット会社などのノンバンクがこの「貸金業者」にあたります。

逆に銀行や農協、郵便局、労働金庫、信用金庫などは貸金業者ではないので、総量規制対象外となります。

しかも貸金業者じゃない業者に関しては、既に他の貸金業者から年収の3分の1の借入れをしていても、キャッシング出来ます。

いわゆる「(銀行名)カードローン」と呼ばれているものです。

銀行が以前はあまりやっていなかった小口融資をするようになって、一気に利用する人が増えました。

なので、どうしても自分の年収の1/3以上、相当大きな金額だと思いますがそういったお金を借りたい!と思った時には「総量規制対象外」にあたるキャッシング会社を利用するとよいでしょう。

「総量規制対象外」のキャッシング会社とは?

総量規制対象外となるのキャッシング会社といえば、大手の銀行カードローン会社です。
かなり大きな金額を借りる時にはしっかりと返済計画を立てて、利用するようにしましょう。

とはいえ、かなり大きな金額を借りる時にはしっかりと返済計画を立てて、利用するようにしましょう。

「総量規制」まとめ
「総量規制」とは貸金業者から、自分の年収の3分の1以上は借りてはいけないという規制

【該当する業者(ノンバンク)】
・消費者金融
・信販会社系
・クレジット会社

【総量規制対象外の業者】
・銀行
・農協
・郵便局
・労働金庫
・信用金庫

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事