キャッシングサービスを使った悪質な詐欺!引っかからないための注意点を解説!

便利なキャッシングですが、気を付けて欲しい「詐欺」があります。 キャッシングに関する詐欺はどのような内容でしょうか。

今回は、キャッシングに関する詐欺の話について紹介します。

簡単に利用出来るキャッシングでの詐欺とは

詐欺には気をつけよう! 今日は、誰でも簡単に利用出来るようになったキャッシングサービスについて、気をつけて欲しい詐欺のお話をしたいと思います。

近頃は、クレジットカードやキャッシングサービスのようにお金を借りるところがとても増えています。
クレジットカードでもキャッシングができますが、大手の銀行でもカードローンなどを受け付けています。

お店に行かなくても自動無人機などを使って、機械相手に自分で操作して申し込みから借り入れまで出来るタイプまで登場しています。

そのため、ほとんどの人が簡単に審査も通りキャッシングをすることができる時代です。

その「簡単に利用出来る」といったところが、詐欺のターゲットになったニュースがたびたび起きています。

では具体的にどんな詐欺があるのか、ちょっと紹介したいと思います。

キャッシングサービスを利用した詐欺の手口

手口としてはまず、アルバイトという名目で人を募集します。

アルバイトの内容は「キャッシングサービスのモニターになってほしい」といったような内容です。
そしてその求人にきた人に、身分証があるかどうかを確認します。

モニターで操作 最近の若い人の場合、就活に必要なので自動車免許を持っている人が多くいます。

そして、詐欺師は言葉巧みに今覆面モニターをしていると話します。
それで、指定された金融機関でキャッシングをしてその様子を教えて欲しいと言ってきます。

勿論、ただのモニターなので借りたお金は借金にはならないとウソをいいます。
そう言われた相手は、その言葉を信用して言われたままにキャッシングをして、
そのお金を渡してしまいます。

これでバイトは終わりと言われ、いくらかのバイト代を受け取ります。
借りたお金はといと、こちら(業者)から返却しますといいます。

被害者はここでは詐欺と気がつかずに後から、金融機関からの督促状などで気がつきます。
そう、業者はお金など返していないのです。当然、支払い期日等が過ぎてしまっているので利息も高くついてしまいます。

今、キャッシングを利用してこういった詐欺が増えていると警察にも相談が増えているそうです。

簡単で、高額なバイトほど恐いものはありません。
皆さんも、この手の話が来た場合はまずは信用しないようにして、周りの人に相談するようにしましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事