キャッシングの金利(利息)の計算方法と具体例(シミュレーション)
キャッシングの金利(利息)の計算方法と具体例(シミュレーション)

キャッシングを上手に利用するには、自分の支払い能力を正しく把握して、事前に返済計画を立てておくことをおすすめします。

そのためにもキャッシングでどのくらいの金利がかかるのか、金利(利息)の計算方法を知っておくと便利です。
少しでも低金利になるように、キャッシングの金利を一緒にシミュレーションしてみましょう。

キャッシングの1か月分の利息の計算方法と具体例

キャッシングの1か月分の利息の計算方法と具体例

まずキャッシングの金利として表示されている貸付利率(実質年率)。
つまり年利とは1年間にかかる金利のこと
で、借入金の金利はこの年利を元に算出されます。

ここからは便宜上、年利を18%に設定して説明を続けましょう。

年利が18%ということは、元金に対して1年間に18%の金利がかかるということです。
分かりやすくするために極端な例えで説明すると、10万円を借入れして丸1年後に一括返済した場合、金利は18,000円になります。

ではもっと具体的に、詳細なシミュレーションをしてみましょう。
設定として10万円を借入れして、毎月元金1万円に金利を加えて返済するパターンを考えてみます。

正確な金利を計算するためには、日割計算を使うと便利です。
日割とは年利を1年間の日数で割った額のことで、10万円が元金の場合以下の計算式で求められます。

10万円×18%÷365日 = 100,000×0.18÷365 = 18,000÷365 = 約49.3円

これを約49円として、1か月後(30日後)に1回目の返済をする場合、金利は49×30で約1,470円。

1回目の返済は元金に1か月分の金利をプラスして、合計で11,470円となります。
次に2回目の返済額ですが、元金が9万円に変わるため日割の金利は以下の計算式で求められます。

9万円×18%÷365日 = 90,000×0.18÷365 = 16,200÷365 = 約44.3円

これを約43円として2回目の返済額を計算してみましょう。
金利は44×30で1,320円となるので、合計の返済額は11,320円。

このように毎月の金利が少しずつ減少しながら、完済まで元金とともに返済を続けることになります。

金利差によって支払総額がどのくらい変わるか

金利差によって支払総額がどのくらい変わるか

日割計算までしなくても、大まかに1か月分の金利を計算できる方法があります。
それが借入残高を元に総支払利息を計算する、または1か月分の金利を計算する方法で、その金額は以下の計算式で求められます。

借入残高×年利÷12か月 = 1か月分の金利

キャッシングで借入れする時は、少しの金利差でも予想外に支払総額が違ってしまう場合があります。
そのケースを上記の計算式を使ってシミュレーションしてみましょう。

設定として年利15%と18%の場合で比較してみます。
元金はどちらも10万円です。

サービス 年利15%の場合(円) 年利18%の場合(円)
元金 100,000 100,000
1回目金利 1,500 1,800
2回目金利 1,350 1,620
3回目金利 1,200 1,440
4回目金利 1,050 1,260
5回目金利 900 1,080
6回目金利 750 900
7回目金利 600 720
8回目金利 450 540
9回目金利 300 360
10回目金利 150 180
金利合計 8,250 9,900

結果的に3%の金利差では、10回で完済した場合9,900-8,250=1,650となり、支払総額では1,650円の違いが生じます。
元金がそれほど大きくないので、わずかな差に感じるかもしてませんが、もしも元金が10倍の100万円になると、単純計算で金利は16,500円も違ってしまいます。

このようにわずか3%の金利差でも、元金が大きくなったり返済期間が長期化すると、支払総額には大きな違いが生じてしまいます。
キャッシングの金利は良く確認してから利用するようにしましょう。

総支払利息の計算方法

実際のキャッシングでは返済期間が長期化したり、返済途中で追加のキャッシングをしたりして、利息の計算が非常に複雑になってしまうことがあります。

ここで借入残高を元に総支払利息を計算する方法を、改めてまとめておきましょう。
借入れてから初回の返済利息は、以下の計算式で求められます。

借入金額×年利÷365日×30日(31日)= 最初の月の返済利息

2回目以降の返済利息は、以下の計算式で求められます。

借入残高×年利÷365日×30日(31日)= 2回目以降の返済利息

正確な総支払利息を計算する場合は、これら2つの計算式を使って毎月の利息を合計することになり、かなりの手間がかかります。

そこでもっと手軽に総支払利息を知りたい時には、各金融機関のサイトから利用できるシミュレーション機能を使ってみましょう。

キャッシングサービスのシミュレーションを使う

キャッシングサービスのシミュレーションを使う

キャッシングを扱う金融機関のサイトには、さまざまな条件を設定して計算ができる「返済シミュレーション」のサービスがあります。

このサービスでは、借入れ予定金額・返済回数・毎月の返済金額などを設定すると、返済計画や返済利息などを概算で知ることができます。

特にキャッシングのリボ払いでは、金利計算や支払総額計算が非常に複雑になるため、返済計画を立てる時には事前にシミュレーションすることをおすすめします。

サイトによっては、現在返済中のキャッシングについても、その後の返済予定額や完済予定日などが分かるサービスを提供しています。
返済計画の見直しなどに役立ててください。

返済シミュレーションがあるキャッシング会社

アコム

アコム

アコムの返済シミュレーション(借入返済)は公式サイトのメニュー内にある「ご返済」から利用できます。
「毎月の返済金額がどのくらいになるか」「月々の返済額からの返済回数」を2つの方法からシミュレーションできます。

アコムの借入利率(3.0%~18.0% )を入れて算出できますので、よりリアルにイメージできるでしょう。

実質年率 借入限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 1~800万円

30日
※はじめて利用する方

担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要

最短30分で審査回答


20歳以上で安定した収入のある方

アイフル

アイフル

アイフルの返済シミュレーションでは「各回の返済金額」「返済回数」「借入可能額」の3つがシミュレーションできます。

入力する項目は貸付利率(実質年率)は、借入額や毎月の返済希望額によって自動で計算されるので、ここにご紹介した中でも一番簡単で分かりやすく利用できました。
金利について良く分からないという方にもおすすめです。

実質年率 借入限度額 無利息期間
3.0~18.0% ~800万円

30日
※はじめて利用する方

担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要

即日融資も可能


※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす 方

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天カードのキャッシング返済シミュレーションでは、借入日から30日ごとにご返済いただいた場合の目安を算出できます。

月に支払いできる希望借入金額(1万円以上90万円以下)を入力し、貸付利率(実質年率)は18.0% で計算されます。
支払い方法は「リボ払い」「1回払い」のどちらか選ぶ方ができます。

実質年率 借入限度額 無利息期間
1.9%~14.5% 10〜800万円

ナシ

担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要

最短翌日融資


※安定した収入がある方

プロミス

プロミス

プロミスでは、返済期間・返済金額・借入希望額を入力し、返済計画がシミュレーションができます。
プロミスの借入金利(年率)は4.5%~17.8% です。
(※フリーキャッシングは借入利率17.8%)

「返済金額」と「返済期間」「借入可能額」3つのシミュレーションができます。
借入前に自分がいくら借りられそうか、目安が付けられるのは良いですね。

実質年率 借入限度額 無利息期間
4.5%~17.8% ~500万円

30日
※はじめて利用する方

担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要

最短即日融資可能

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットでは、下記の返済シミュレーションができます。
毎月の返済額」借入額÷月数=毎月の返済額
返済月数」  借入額÷毎月の返済額=月数

また、申し込みができるかどうかの借入れ診断にも対応しています。
生年月日・税込年収・現在他社借入金額を入力するだけなので、一度試してみると良いでしょう。
※現在他社借入金額は、住宅ローン、自動車ローン、銀行カードローン、クレジットカードでのショッピング等は含みません。

実質年率 借入限度額 無利息期間
3.0%~18.0% ~800万円

ナシ

担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要

可能
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。


※安定した収入がある方

キャッシングの金利は充分に注意しよう!まとめ

キャッシングの金利は充分に注意しよう!まとめ

キャッシングを利用する場合は、ちょっとした金利の違いで返済金額に大きな違いが生じてしまうことがあります。

無理のないキャッシングのためにも、金利については事前に詳しい情報を集めておいた方が良いでしょう。

日本では「貸金業法」によって、金利(年利)の上限が規制されています。
金融庁の認可を得た金融機関は、20.0%以下の金利のみ認められています。

もしも上限金利年利20.0%を超える業者は悪徳業者と考えて間違いありません。
決して利用しないように注意してください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事