キャッシングで借り入れをする際の注意点(キャッシングのデメリット)
キャッシングで借り入れをする際の注意点(キャッシングのデメリット)

どうしてもお金が必要な時にキャッシングは頼りになる存在ですが、あくまで自身の支払い能力を超えないことが大切です。

ここではキャッシングを安全に利用するために、借り入れ前に注意しておきたいポイント(キャッシングのデメリット)について解説します。

キャッシングの注意点:金利計算と返済計画を事前にたてる

キャッシングの注意点:金利計算と返済計画を事前にたてる

事業系の借入金や住宅ローンなどと比較すると、個人向けキャッシングの金利はかなり高めに設定されています
利息制限法」によると、実質年率の上限は以下のように決められています。

借入れの上限金利は、年15%~20% 参考: 上限金利について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

借入金額が10万円未満の場合 上限金利20.0%
借入金額が10万円以上100万円未満の場合 上限金利18.0%
借入金額が100万円以上の場合 上限金利15.0%

キャッシングする時は、自分が借入を予定している金額とその金利、予定している返済期間とその間に発生する金利を事前に計算しておきましょう。
人気大手キャッシング会社の公式ホームページなどにいけば、返済シミュレーションなどがありますので、そちらを使うと良いと思います。

計算した金額をもとに返済計画を立て、充分に返済が可能なことを確認する必要があります。
このステップを経ずに無計画なキャッシングをするほど危険なことはありません。

返済計画で重要なことは、毎月の収入と支出を確かめた上で、月々に返済可能な金額を算出することです。

返済金額は無理のない範囲に設定するべきで、月々の生活を圧迫するほどの金額にしてしまうと、最悪の場合返済不能に陥る危険性もあります。
キャッシングは、自分の支払い能力の範囲内で行うことがポイントです。

「リボ払い」利用に注意!完済するまで長引く可能性がある

キャッシングの注意点として、「リボ払い」の利用方法は理解しておいた方が良いでしょう。
リボ払いはよく、クレジットによる買い物に利用されますが、キャッシングの返済方法のひとつでもあります。

基本的には毎月一定の金額を返済するため、支払い計画が立てやすく返済しやすいメリットがあります。
定額方式」や「残高スライド方式」といった名前で呼ばれることが多いです。

しかし一方で、キャッシング残高を把握しておかないと、いつまで経っても返済が終わらない悪循環に陥る場合もあるので、注意が必要です。

リボ払いは元金と金利を合計した金額から、毎月一定の金額を返済する方法です。
リボ払いでは、支払い残高に応じて手数料がかかります。

例えば今月の支払い残高が30万円だったとします。
実質年率が15%の場合、30日後の翌月までにかかる手数料は

300,000円×0.15%×30日÷365日=3,698円(端数切捨て)

となります。
毎月の支払額や手数料、残高などをきちんと確認せずに適当に設定すると、元金の返済が進まず長期的に返済を続けることにもなりかねません。

また元金を確認しないまま追加でキャッシングを繰り返すと、毎月返済しても一向に元金が減らないため、完済の見通しが立たなくなる恐れもあります。

リボ払いは金融機関により仕組みが違う場合もあるので、キャッシングをする前に金利や支払い条件について、詳しく確認することをおすすめします。

また、カードを利用した後には自分の利用明細書を必ず確認するようにしましょう。
自分がいくら使ったのか、毎月の支払い残高や手数料がいくらになっているかなど、利用日や利用場所などの明細も無いように間違いがないか確かめましょう。

クレカによるキャッシングはポイント還元やキャッシュバックがない

最近はほとんどのクレジットカードに、ポイント還元やキャッシュバックなどの機能が付いていますが、対象となるはカードによるショッピングのみで、キャッシングは対象外です。

キャッシングでポイント付与という広告をみかけることもありますが、キャンペーンなどによるの一時的なポイントが多いので注意しましょう。

買い物や飲食の代金をクレジットカードで支払った時に、ポイントが貯まってプレゼントと交換できたり、キャッシュバックを受けられるサービスが人気です。
こうしたポイントの還元率は0.5~1.0%が一般的と言われていて、ショッピングでの支払い手数料と比べるとかなり低めです。

それでもわずかながらに、金利手数料を減らすことはできるので、ポイント還元やキャッシュバック機能にはメリットがあるといえます。

ところが同じ感覚でキャッシングを利用するには、注意が必要です。

キャッシングにはポイント還元のようなサービスがないので、使った分だけ得をするようなメリットはほとんどありません。
ショッピングとキャッシングとは、まったく別なサービスだと認識しておきましょう。

クレジットカードを利用する場合には、特にキャッシングに関する注意事項を、詳細に確認することをおすすめします。

キャッシングする際の注意点:信用情報に借入の履歴が残る

キャッシングする際の注意点:信用情報に借入の履歴が残る

クレジットカードを使ったり、金融機関からお金を借りたりすることを「信用取引」と呼びます。
個人の信用取引の情報は「信用情報」として、特定の信用情報機関に保存・管理されています。
現在、日本には下記の3つの信用情報機関があります。

・株式会社シー・アイ・シ-(CIC)
・日本信用情報機構(JICC)
・全国銀行個人信用情報センター(JBA)

クレジットカードやキャッシングの利用を申し込むと、各金融機関およびカード会社は、これらの信用情報機関を通じて個人の信用情報を調査します。

この段階で信用情報が確認できれば、クレジットカードやキャッシングの利用が可能になるのです。(審査通過)

キャッシングを利用すると、すべての利用状況が信用情報機関に申告され、常に最新の信用情報に更新されます。
一見デメリットにも感じられますが、これらの信用情報機関に登録されることが、個人の信用情報の低下に繋がるわけではありません。

ただしキャッシングをしてから支払いに遅延が生じたり、返済を滞納した場合は、当然その記録も保存されます。
その状況を繰り返したりすると、別のシーンで信用取引自体ができなくなる恐れもあるので、注意が必要です。

キャッシングを安全に利用するための注意点まとめ

キャッシングを安全に利用するための注意点まとめ

  • 金利計算と返済計画を事前にたてること
  • 「リボ払い」利用には注意!事前に利用法や支払い方を学んでおこう
  • クレカのキャッシングはポイント還元やキャッシュバックがない(あっても一時的)
  • ショッピングとキャッシングとは、まったく別なサービス
  • 信用情報に借入の履歴が残る

キャッシングは手軽で便利なサービスですが、事前に何を注意しておけばいいのか確認してから利用するようにしましょう。
最も大切なことはきちんと返済計画を立てて、毎月の支払いに無理がない範囲で上手に使うことです。

大切な自身の信用情報を守るためにも、支払いの遅延や延滞は絶対に避けなければなりません。
そのためには毎月確実に返済できる金額で、キャッシングの返済計画を立てる必要があります。

もし不安な時は金融機関やカード会社の返済シミュレーションを利用するか、前もって返済計画について相談することをおすすめします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事