ビジネスローン・事業・経営者向けキャッシングを比較

悩む男性 個人事業主や経営者にとって、一番といっていいほど頭を悩ませるのが資金繰りのことではないでしょうか。

売上が安定しないこともあり、銀行からの融資がおりないときがあります。

そんな方向けのローンが「ビジネスローン」や個人事業主・経営者向けのキャッシングサービスです。

今回はビジネスローンとはなにか、個人向けとはどう違うのか、どの業者が取り扱っているのかなどをご紹介します。

個人事業主や自営業者向けのビジネスローンとは

キャッシング(カードローン)は個人を対象とした商品のため、投資や事業目的の利用は認められていません。
そこで個人事業主などの自営業者や中小企業の経営者のために誕生したキャッシングサービスがビジネスローンです。

ビジネスローンは事業者を対象にしており、事業資金を調達するために作られました。
銀行などの金融機関だけでなく消費者金融でも取り扱っています。

では事業用に銀行から受ける融資とはどう異なるのかご紹介します。

ビジネスローン(事業者用ローン)の特徴

通常、銀行などから事業用の融資を受ける際には、数多くの資料の用意が必要です。

銀行はそれを元に経営状況や財務状況を審査します。
ですがビジネスローンには、このような細かい審査は行っていないところが多いとされています。

ビジネスローンの場合、多くは「スコアリングシステム」を利用して審査されます。
これは統計的データに基づいて申込者の信用度がスコア化し、審査するシステムです。

そのため個人事業主や自営業者でも申し込めるのです。

担保や保証人が不要な場合もある

ビジネスローンの中には、担保や保証人を必要としない無担保ローンもあります。
無担保ローンの場合、不動産を所持していない個人事業主であっても申し込めます。
ただし無担保の方が有担保ローンよりも金利が高かったり、融資額が少なかったりします。

有担保ローンは担保や保証人が必要ですが、多くの事業資金を低金利で借り入れたいときに便利です。
不動産などを担保にすれば、無担保ローンよりも借入限度額が大きくなります。

ただし審査がその長くなるため、急に資金が必要な場合には向いていません。

ビジネスローンは総量規制の対象外となる

総量規制は「年収の3分の1を超える金額は借入できない」と定めた決まりです。
この総量規制は、事業資金の借入は対象外となっています。

ただし個人事業主が既にキャッシングで融資を受けている場合、審査に影響する可能性があります。
また過去に延滞するなど返済状況に問題があった場合も、融資額に影響する可能性があります。

個人と事業者向けで利用する場合とでは何が違うのか

★個人向け融資
借入目的:自由(事業以外)
総量規制:規制対象(銀行のみ対象外)
審査の早さ:各社最短時間は異なるが、30分のところもあり。
借入限度額:会社によるが、300万~500万円のところが多い
担保・保証人の有無:無しのところもある
★事業者向け融資
借入目的:事業限定
総量規制:規制対象外
審査の早さ:スピード審査・融資が可能な会社も多くある。
借入限度額:会社によるが、個人向けよりも高く設定してあるところが多い
担保・保証人の有無:無しのところもある(当サイトでは無しの会社のみを紹介しています)

個人向け融資と事業者向け融資とでは、借り入れの目的から変わってきます。
金額も事業者向けの方が高めに設定されてることが多く、1回の借り入れが大きな取引になることが多いです。

また意外と知られていないのですが、事業者向けビジネスローンと銀行融資は併用可能です。

銀行融資は申し込みをしてから、審査の結果が出るまで1か月以上かかることが多いです。

例えば「ある程度、資金が必要だけど、その一部の支払いが迫っている」場合、まず一部の支払いに分をビジネスローンで調達し、残りは銀行融資で補うやりかたです。

銀行融資の審査に1か月も待っている時間がない人にとっては、両方を利用する方法もおすすめです。

ビジネスローンを取り扱っているキャッシング業者

ビジネスローンを取り扱っているキャッシング業者 個人事業主や中小企業の経営者に向けたビジネスローンは主に2種類に分けられます。
それが「銀行系」と「ノンバンク系」です。

銀行系は比較的金利が低く、返済期間が長めに設定されているものの、ノンバンク系に比べて審査が厳しいとされています。

ノンバンク系は金利が高めですが、提出する種類などが銀行系に比べて少なく、審査が早いのが特徴です。

近年ではインターネット上で申し込むことも可能なため、申し込みしやすくなっています。

自営業でも借りられる消費者金融やビジネスローンを取り扱っているキャッシング業者についてご紹介します。


会社名 商品名 金利 借入限度額
アイフル 事業サポートプラン 3.0%~18.0% (実質年率) 1万円~500万円
プロミス 自営者カードローン 6.3%~17.8%(実質年率) 300万円まで
アコム ビジネスサポートカードローン 12.0%~18.0%(実質年率) 1万円~300万円
楽天銀行スーパーローン 楽天銀行ビジネスローン 固定・変動金利 100万円以上(10万円単位)1億円以下
アイフル の「事業サポートプラン」
商品名 事業サポートプラン<個人プラン> 事業サポートプラン<法人プラン>
対象 個人事業主 法人
契約形態 個人契約 法人契約
貸付利率 3.0%~18.0% (実質年率)
返済方式 借入後残高スライド元利定額
リボルビング返済方式
元利定額返済方式
元金一括返済方式
(カードローン可)
借入後残高スライド元利定額
リボルビング返済方式
元利定額返済方式
元金一括返済方式
返済期間
返済回数
最長10年(120回)

アイフルの事業サポートプランは無担保のローンです。
個人事業主、法人どちらでも申し込めます。

個人事業主の場合は、担保や連帯保証人などは原則不要です。

・確定申告書
・事業内容確認書
・本人確認書類

などの書類が必要です。

法人の場合は、担保や第三者連帯保証人は原則不要ですが、代表者の連帯保証は必要です。
・決算書2期分
・商業登記簿謄本
・代表者の本人確認書類

などの書類が必要です。
Webからも申し込みできるのが特徴です。
申し込みの時間帯によって当日融資も可能です。

プロミス の「自営者カードローン」
融資額 300万まで
借入利率 6.3%~17.8%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・返済回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
申し込める人 年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方
資金使途 生計費および事業費に限ります。
担保・保証人 不要

プロミスの「自営者カードローン」は、最大300万円まで借入ができる個人事業主向けのローンです。
希望によっては当日中の利用も可能です。

プロミスは事業用資金だけでなく、プライベート資金としても利用できるのが特徴です。
全国のプロミスATMや提携ATMで出し入れ自由で利用できます。

申し込みに必要な書類
・本人確認書類
・確定申告書
・青色申告決算書または収支内訳書

・事業実態を疎明する書類(営業許可書、発行日は直近1年以内の受注書、発注書、請求書など)

アコム の「ビジネスサポートカードローン」
融資額 1万円~300万円
借入利率 12.0%~18.0%(実質年率)
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・返済回数 最終借入日から最長8年7ヶ月・1~89回
申し込める人 業歴1年以上の個人事業主の方でアコムの基準を満たす方
資金使途 自由
担保・保証人 不要

アコムのビジネスサポートカードローンは、個人事業主向けのカードローンです。
年収の2分の1を超える借入も可能で、資金用途は定められていません。

また既にアコムのカードローンを利用している方は、ビジネスサポートカードローンへの切り替えが可能です。
カードローンと同様に、利用限度額内で繰り返し利用できます。

即日利用可能なので、急に資金が必要になった際にも向いています。

申し込みに必要な書類
・本人確認書類
・直近1期分の「「確定申告書B(第一表)(写し)」
・契約限度額が100万円を超える場合は、「青色申告決算書(写し)」か、直近1期分の「収支内訳書(写し)」が必要です。

楽天銀行スーパーローン の「楽天銀行ビジネスローン」
融資額 100万円以上(10万円単位)1億円以下
借入利率 固定・変動金利
返済期間・返済回数 5年以内
申し込める人 以下の条件を満たした法人および個人事業主の方
・ 楽天銀行の普通預金口座を有している方
・ 確定した決算書もしくは確定申告書3期分をご提出可能な方
・ 申込時において税金等の滞納、他金融機関からの借入の延滞がないこと
・ 他、楽天銀行所定の審査基準を満たす方
資金使途 運転資金
担保・保証人 不要

楽天銀行ビジネスローンは、100万円以上1億円以下と高額な借入ができるのが特徴です。

その分審査も厳しくなっており、借入には担保と保証人が必要です。
そのほかの条件も消費者金融より厳しく設定されています。

申し込みの際には「楽天銀行法人営業推進部」まで問い合わせる必要があります。

キャッシングの仕分け方は?法人カードでキャッシングは使える?

個人事業主の場合、自分で確定申告をする方も多いのではないでしょうか。

個人事業主が消費金融や原稿からキャッシングを行った場合、記帳する必要があります。
その場合、キャッシングはどういった仕訳となるのでしょうか。

基本的に資金の借入と返済、利息支払いの取引をそれぞれ記帳します。

勘定項目は「短期借入金」と「長期借入金」があり、1年以内に支払期限がくるものは「短期借入金」、1年を超える場合は「長期借入金」に分類されます。
例:「短期借入金/現金

またビジネスをしている方は、法人カードを持っている方も多いのではないでしょうか。
法人カードによっては、キャッシングの利用有無を選択できます。

キャッシング利用時は、従業員毎に限度額の指定が可能です。
また個人主債務型の場合は、従業員個人の審査が入ります。

ビジネスローンは個人事業主の味方!まとめ

個人事業主にとって事業資金は悩みの種です。
一般的なカードローンは、事業資金には利用できませんが、ビジネスローンであれば事業資金にも利用できます。

商品によっては、無担保・無保証で借りられるローンもあります。
有担保ローンより少額にはなりますが、「とりあえず事業資金を確保したい」というときには便利です。

最近では電話や来店での申し込みのほか、Web上からの申し込みもできたりと、利用しやすい状況になってきています。

ただ1点、これは個人向け融資を利用する場合でも勿論ですが、計画的に利用しないと返済について苦しむことになりかねないので、十分な注意が必要です。

事業資金で悩んでいる方は事前に利用プランを調べた上で、ご自身の状況に応じて一度審査に申し込んでみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事