フリーター向けキャッシングおすすめ人気ランキング5選|審査基準や金利を比較【2021年最新】
「フリーターだけど、キャッシングしたい!」   「お金を借りたいけど、フリーターでバイトしかしてない。大丈夫かな?」   上記のような疑問にお答えしていきます!   フリーターは「正社員」とは違い、収入が安定しづらい傾向にあります。   正社員の方と同じく、キャッシングサービスを利用できるのか気になりますよね。   結論言いますと、パートやアルバイトなどで生計を立てている方であれば、キャッシングでお金を借りることができます!   ただし、全てのキャッシング会社でお金を借りることはできませんので、利用する商品をしっかり選ぶ必要があります。   この記事を見れば、フリーターの方に最適なカードローン・キャッシングに関して、バッチリ理解することができますよ!

フリーター・アルバイトの方向けのキャッシングサービス選び方

  先述した通り、全てのカードローン会社でキャッシングを利用できるわけではありません。   以下で解説する「キャッシングサービスの選び方」をよく読んで、最適なサービスを選びましょう!  
フリーター向けキャッシングサービスの選び方
  • キャッシングサービスの種類
  • 金利の低さ
  • 無利息期間
  • 返済方法

キャッシングサービスの種類

キャッシング_フリーター キャッシングサービスは、主に以下の3種類に分離されています。  
キャッシングサービスの種類3つ
  • 大手消費者金融
  • 中小消費者金融
  • 銀行カードローン
  結論言いますと、上記3つの中でフリーターの方におすすめなのは「大手消費者金融」になります。   主にキャッシングサービスには「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」の2つが存在しています。   その中でも「銀行カードローン」の場合は、低い金利で借り入れを行うことができるものの、フリーターの方だと審査通過が厳しいとされています。  
銀行カードローンの特徴
  • 銀行・金融機関が提供しているキャッシングサービス
  • 金利が低め
  • 消費者金融よりも審査が厳しい
  銀行カードローンの場合は、消費者金融よりも金利は低く設定されているものの、審査基準は厳しいものとなっています。   フリーターの方でも申し込みを行うことができますが、審査で落ちてしまう可能性が高くなってしまうのです。   また、消費者金融には「中小消費者金融」と「大手消費者金融」の2つが存在しています。   その中でも、大手消費者金融には「無利息期間」や「即日融資」に対応しているものが多く、たくさんのメリットが存在しています。  

金利の低さ

キャッシング_フリーター_金利 キャッシングサービスは、基本的に一括返済などではなく、長期的・継続的に返済することが前提となっています。   ですので、金利の低さはとっても重要です。   基本的に、借り入れた金額に対して利息(手数料)がかかります。   金利を比較する際は、特に「実質年率」という指標を参考にするのが便利です。  
実質年率とは
借り入れ金額に対して諸々の手数料をプラスした、事実上の金利のこと。

無利息期間

キャッシング_フリーター_無利息期間   短期間のみでキャッシングを行いたいフリーターの方は、「無利息期間」を活用するのもおすすめです。  
無利息期間とは
初回借り入れ方に限って、一定期間利息が0円になるサービスのこと。
無利息期間を活用すれば、適用期間内であれば「利息0円」で借り入れを行うことができます!   手数料無料でお金を借りることができるので、とってもおトクです。   また、利用するキャッシング会社によっても無利息期間の有無が異なります。   実際にキャッシングを行う前に、もれなく確認しておきましょう!  

返済方法

キャッシング_フリーター_返済 キャッシングサービスで借り入れをした後は、毎月しっかりと返済していく必要があります。   主な返済方法は、以下の5つとなっています。  
キャッシングサービスの返済方法
  • ATM
  • 口座からの引き落とし
  • 振り込み
  • 店頭窓口
  • インターネット
  消費者金融などのキャッシングサービスを利用する際は、返済方法の利便性もしっかり確認しておくようにしましょう!   例えば「引き落とし」や「インターネット返済」の場合は、わざわざ店頭に足を運ぶことなく、返済を行うことができます。   臨機応変な返済ができるよう、なるべく多彩な返済方法を採用しているサービスを選ぶのが好ましいでしょう。

フリーターでも借りれるおすすめキャッシングサービス

続いて、フリーターの方におすすめのキャッシングサービスについてご紹介していきます!
フリーターの方におすすめなキャッシング
  • プロミス
  • アイフル
  • アコム
  • SMBCモビット
 

プロミス

キャッシング_プロミス  
実質年率 借入限度額 無利息期間
4.5%~17.8% 〜500万円 30日間(初回のみ)
担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要 最短即日融資 OK
プロミスは、大手「SMBCコンシューマーファイナンス」が展開しているキャッシングサービス。   パート・アルバイトでの収入があれば、フリーターの方でも申し込むことが可能です!   インターネットでの申し込みにも対応しており、審査は最短30分で完了。   即日融資にも対応しているので、いち早く手元に現金が必要な方におすすめです!   さらにプロミスなら、最大30日間の「無利息期間」が設けられています。   30日間であれば「利息0円」で借り入れを行うことができますよ!

アイフル

キャッシング_アイフル  
実質年率 借入限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 1万円〜800万円 30日間(初回のみ)
担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要 最短即日融資 OK
続いてご紹介するのは「愛がイチバン」でおなじみの大手消費者金融、アイフルです。   パート・アルバイトの収入があれば、フリーターの方でもアイフルに申し込みを行うことができます。   アイフルの公式サイトをチェックしても「フリーター・パートの方でも申し込みOK」との記載があります。   他の消費者金融と比較すると、アイフルの金利は「3.0~18.0%」と、かなり低めに設定されています。   もちろん、他のカードローンと同様に「無利息期間」も設定されていますよ!

アコム

キャッシング_アコム  
実質年率 借入限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 1万円〜800万円 30日間(初回のみ)
担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要 最短即日融資 OK
「はじめてのアコム♪」でおなじみの大手消費者金融、アコム!   「インターネット返済」「店頭窓口」「アコムATM」など、多彩な返済方法にもバッチリ対応しています。   もちろん、フリーターの方でも申し込みを行うことができますし、借り入れの上限金額は800万円。   審査にさえ通ってしまえば、まとまった金額を借り入れすることが可能です!

SMBCモビット

キャッシング_モビット
実質年率 借入限度額 無利息期間
3.0%~18.0% 1万円〜800万円 なし
担保・保証人 即日融資 パート/アルバイト
不要 最短即日融資 OK
  SMBCモビットの大きなメリットは、Web完結で申し込みを行うことができる点!   店頭わざわざ足を運ぶ必要はなく、ネットで申し込みを完結させることができるのです!   さらにWeb完結申し込みであれば、勤務先や自宅への電話連絡なしで、カードローンを申し込むことができます。   「キャッシングがしてるのバレたくないな」という方にも、ピッタリのカードローンです。

フリーターがキャッシングの審査に通るコツ

カードローン_即日キャッシング   フリーターの方は収入が安定していないため、正社員の方よりも審査を通過しにくいです。   ですので、以下で紹介する「審査に通るコツ」を熟読し、審査に通るように事前準備を行っておきましょう!  
フリーターの方が審査に通るコツ
  • 申し込みで虚偽の内容を書かない
  • 信用情報を傷つけない
  • 勤続年数を重ねる
  • 融資希望額を少額にする
 

申し込みで虚偽の内容を書かない

キャッシング_フリーター キャッシングで申し込みを行う際は、以下のような情報を記入し、提出する必要があります。  
申し込み時に提出する情報一例
  • 年齢
  • 住居の種類
  • 勤務先
  • 他社からの借り入れ件数
  上記のような個人情報を提出する際に、虚偽の報告はしないように心がけましょう。   キャッシング会社は、借り入れを行う人の「信用」や「返済能力」を判断し、本当に返済可能な人物に貸付けを行います。   そのため、申し込みで虚偽の記載をしてしまうと、その時点で信用を失ってしまうことになります。   また消費者金融などの貸金業者は、必ず他の金融機関からの借り入れ状況を照会し、確認します。   ですので、他社からの借り入れ件数で虚偽の記載をすると、一発でバレてしまうことになります。   必ず、正しい情報を記入し、提出するようにしましょう!

信用情報を傷つけない

キャッシング_フリーター   先述した通り、キャッシングサービスに申し込む際は、ほぼ必ず信用情報機関への照会が行われます。   以下の例のように、過去に金融関係のトラブルを起こしてしまうと、審査に落とされてしまう可能性が高くなってしまいます。  
信用情報に傷がつく例
  • クレジットカードの滞納
  • スマホ料金の滞納
  • カードローンや奨学金の滞納
  • 自己破産歴
  • ガス・水道などの公共料金の支払い滞納
  上記項目に当てはまっている場合は、すでに信用情報に傷がついている場合があります。   日頃から、支払いはスムーズに行うよう心がけましょう!

融資希望額を少額にする

キャッシング_フリーター   フリーターの方がキャッシングに申し込む際は、融資希望額を少なめにして申し込みましょう!   そもそも、フリーターの方は正社員の方よりも収入が低いため、総量規制に引っかかってしまう可能性が高いです。  
総量規制とは
借り入れの限度額を年収の3分の1までとする制度
  例えば、年収300万円のフリーターの方の場合、年収の3分の1である「100万円」までしか借り入れを行うことができません。   もちろん、利用限度額が大きい方が便利ですが、総量規制の限度額よりも融資希望額を少なくすることで、審査に通りやすくなる傾向があります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事